2015-08-19 15:57 | カテゴリ:ブドウ
昨日は、下の畑1の垣根仕立てブドウの試し採りでした。

赤ブドウの「紅富士」と「安芸クイーン」です。
赤ブドウの色付きが見られたのは初めてのことです。

これも、簡易ながら雨避けのあることが功を奏したようです。
小さい房ですが良い色に着色で、
味も濃い味で家人のお気に入りでした。
1benifuji150818_001.jpg




紅富士より赤は薄い感じですが、
粒は大きめで味も良いブドウです。
1aki150818.jpg




同じ垣根仕立てには色付き途中の「ブラックビート」です。
大分黒っぽくなり、粒も肥大してきました。
1Bbeet150818_004.jpg




緑色だった「黄玉」は淡い黄色で
透明感を帯びてきました。
1ougyoku150818_002.jpg




今日は、上の畑内の「ゴルビー」です。
今年は房整形や摘粒で小房を徹底しました。

初めて、赤い色付きが見られました。
試し採りしてみました。
1golby150819_004.jpg




崩壊性で1粒が食べ応えあります。
1golby150819_005.jpg




甘くなっていました。
やはり房整形と摘粒がポイントのようです。
1golby150819_007.jpg




行灯仕立て故、隔年結実傾向です。
路地植えで栽培したい甘い蜜味ブドウです。
1Gfinger150819_008.jpg




裏庭の「シャインマスカット」の収穫タイミング分かり難いです。
多少、黄色みが見えたら収穫してみましょうと・・。
1SMas150819.jpg




「瀬戸ジャイアンツ」か「クインニーナ」の方が良いようにも思います。
1SMas150819_001.jpg

ブドウ品種も多彩で、
有名どころでは石川県の「ルビーロマン」が藤稔の血を引くらしい。

小粒より大粒が良いですね。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/612-b6f378de