2015-08-04 16:40 | カテゴリ:動力噴霧器
農薬散布も畑が広くなるにつれて背負い式動噴から
据え置きの強力な動噴が必要になりました。

趣味の果樹栽培では新品を揃えるのは以ての外!!

Yahooオークションで何とか集めて、
この時に備えていました。

下の畑2の拡張部分にも畑土がダンプ30台分ほど運び込まれて、
ブルドーザーで整地待ち状態です。

そんな畑2の中間点に500L雨水タンクを設置してありますので、
先日、運び込んだプラスチック・パレットを2つ並べて
動噴置き場としました。

今日は試運転を兼ねて、畑2に農薬散布してみました。
殺菌剤・殺虫剤・ダニ剤のミックスです。
今までは20~25リットルの背負い動噴で40~50リットルの散布でしたので、
薬液量は60リットルで試運転です。
1doufun150804.jpg
市販の薬液タンク150L位が欲しいところでしたが、
格安洗い桶で間に合わせています。



1年以上前に落札していたオリンピアの動噴で、
型は古いですがガソリン注入で問題なく作動しました。
1doufun150804_001.jpg




今年になって落札した高圧ホースのリールセットです。
今日、畑2の一番奥まった部分までホースを引き延ばして(約30m)も
リールに残るホース量は結構な長さに見えます。
1housereel150804_002.jpg
いったいこのホースの長さは何メートでしょうか。?
基本的に50mであれば畑2の両側を十分カバーできる長さです。



すんなり薬液散布が終了しました。
60Lで丁度良い液量でした。
そうしますと、拡張部分も散布となれば120Lを調製する必要があります。
これが今後の課題です。
1doufun150804_004.jpg
これで畑2の農薬散布が一番やりやすい環境になりました。

先日、弟夫婦が兄の作った”落花生”の収穫に来たときのこと、
畑2の拡張がほぼ終わりそう・・と聞いたようで、
弟が兄に、「その部分はどうするの・・?」
兄「もう植える苗は十分あるらしい・・よ!」
兄「ほとんど百姓だよ。」

私、「そうなんだぁ~」

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/606-ad3e99a2