2012-12-03 20:07 | カテゴリ:さくらんぼ
山形のプロのさくらんぼ栽培家でなおかつ研究熱心さでは、
研究職で会社勤務を通してきました私も敬服のS.F.Taka様から
とびっきりの研究レポート画像が届きました。

以前から、落葉しましたら画像を送ります・・と聞いていました。
また、その様子も熱っぽく聞かせて頂いていましたので、
私の頭の中ではかなり鮮明なイメージが出来上がっていました。

届いた画像は正しく思い描いていたイメージ図其の物でした。
S.F.Takaさんが数年間掛けた試行錯誤の集大成が今回のレポートです。

特に、鉢栽培などがメインの趣味栽培家さんには、
打って付けの栽培ノウハウになると思います。

当ブログで以前も紹介しました「植物成長調整剤バウンティ」の
新梢伸長抑制効果の検証報告です。

今回の桜桃樹はどちらもイシ○ウの黒砂糖錦青葉台5年生で、
A樹は散布なしの対照木で
B樹はバウンティを昨年8/7に600倍で散布しています。
A0212c1.jpg

A、Bの2本の黒砂糖錦は同じ圃場で数メートルの範囲に植え付けてあるさくらんぼで、
栽培環境の違いもなく極めて条件の整った比較実験となっています。
B0212c1.jpg


A樹の樹幹部の枝振りと新梢の伸び具合に注視してください。
A0212c2.jpg

同じくAの主枝における枝の伸び具合です。
A0212c3.jpg

Bの主枝と枝の長さを前のAと見比べてください。
B0212c2.jpg
バウンティの散布で、矮性効果が見られたようです。

A樹の1年枝は伸びやかに伸長しています。
A0212c6.jpg


B樹における1年枝は太く短い枝になっています。
B0212c3.jpg


Bの主幹延長枝もむやみに伸びだしていないようです。
B0212c4.jpg

Aでは主枝の1年枝の伸びが良い感じです。
A0212c4.jpg


同じく樹幹部でも1年師は長く伸びています。
A0212c5.jpg


12/4:S.F.Takaさんは降雨っぽい日なのに、
追加のA樹花芽の撮影で畑に出かけられたようです。
S.F.Tata様、お世話様でした。

A、Bともに良い花芽です。
A0412c1.jpg


プロ栽培家の桜桃樹ですから、当たり前のことかもしれませんが、
どちらもガッチリとした花芽になっています。

A0412c2.jpg
注目すべき点として、B樹は新梢の伸び抑制を受けているが花芽は
無処置A樹と変わらない花芽を付けるのがポイントでしょう。


バウンティの効果は新梢の伸びを抑え、
花芽の増大を促進するようです。
   B0212c5.jpg
残念ながら、A樹の花芽の様子をアップで撮影するのを忘れてしまったらしいです。
決しておかしな花芽ではなく普通の花芽らしいです。


短果枝形成はもとより、素人には難しい長果枝栽培もし易いようです。
B0212c6.jpg

どの花芽もふくよかで良い花が咲きそうです。
B0212c7.jpg


S.F.Takaさんは、2本の黒砂糖錦の各年枝を1本ずつ長さ計測しています。
恐らくバウンティフロアブルなどを製造販売のメーカーもこの様な
学術的にも貴重なデータは持っていないと思います。


A0212c8.jpg

計測データ公開

”主枝(候補)枝の1年枝それぞれ”の各数値は枝の長さを示しています。
A_B_c3.jpg
A樹:散布無し、 B樹:バウンティ散布樹
  
明確な差が見られるのが”平均新梢長(cm)”の値にご注目ください。
 


現在のB樹の樹高は2.4mとのことです。
桜桃の大鉢栽培ですとこの樹高は特に大きいものではないでしょう。
5年生のさくらんぼで長果枝栽培も可能という・・画期的な矮性化栽培法です。
B0212c9.jpg

残念ながら「バウンティ」は高価な農薬です。
バウンティフロアブル 250ml 最安 価格:7,500円(税込)
同好の士で共同購入などの工夫が必要かもしれません。

バウンティの使用説明書では、
”新梢伸長抑制 1000倍    収穫後(8月下旬まで)”とありますが、
S.F.Takaさんの研究では、
1000倍では効果がなくて500倍では強すぎて枝が発生せず、
600倍の手動噴霧器散布が今回の成績となっています。

1度散布した木は3~4年間は再散布不可ですから、
今回の結果を導き出すのに何年間費やしたのか・・?
ザッと計算してみてください。

単純に花芽が着かなくて桜桃栽培が難しいと考えておられる入門者さんでも、
この矮化栽培を試みることでさくらんぼ栽培が楽しめるかもしれません。

トライしてみる価値は十分でしょう。


画像・数値データなどの研究成果のご提供はS.F.Taka様です。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/60-39c08c7e