2015-06-14 16:54 | カテゴリ:さくらんぼ
今年のさくらんぼは最悪の不作年でした。
高温障害という授粉時の気象条件にやられた年でした。

高温時には水を噴霧して木を冷却してやると、
授粉状況が改善されるようです。

パラパラ程度しか結実しなかった桜桃は、
植え替え傷みと気象のダブルパンチでした。

来年は多少の復活が見られることを願いたいところです。

授粉樹として雄しべを切り取った「紅きらり」でしたが、
申し訳程度に結実していました。
まだ色付きが完全で無いので、防鳥ネットを外しましたが、
そのまま残しています。
1benikira150614_010.jpg




何年か前に2年枝接ぎを実施した時の苗の「ナポレオン」です。
昨年の落葉時期にさくらんぼ置き場に植え付けました。
1naporeon150614_007.jpg




この「紅ゆたか」も昨年畑から移植していました。
先日、S.F.Takaさんから送って頂いた紅ゆたかと同じ品種とは思えない状況です。
1beniyuta150614_004.jpg




チェリーポットは大事にし過ぎて、蟻の食害です。
1粒摘まんでみますと美味しい佐藤錦になっていました。
一応、この試みはほぼ成功としましょう。
1CP_eco150614_001.jpg
エコ佐藤錦はこの1粒だけが残っていました。



「黒砂糖錦」も移植したばかりでしたが、
サンプル果は残りました。
1kurosatou150614_009.jpg




「さおり」は鉢植えから地植えに変更したので、
植え傷みが見られましたが、何とか結実果を残してくれました。
1saori150614_005.jpg




幼木の「サミット」は初結実でした。
以前、S.F.Takaさんに送って頂いたサミットが
大粒で美味しいさくらんぼでしたので
自家産は少なくても嬉しいものです。
1samit150614_002.jpg




身体検査です。
1samit150614_017.jpg
この品種は栽培価値があります。



暖地桜桃の花粉だけで授粉した「佐藤錦」です。
この木も鉢から地植えに変更した木でしたが、
何とか数粒残りました。
1satou150614_020.jpg
2Lの佐藤錦が残っていました。



本日の最終さくらんぼです。
1sakuranbo150614_016.jpg




防獣ネットをまくり上げました。
伸びた新梢をネットで押さえつけていましたので
くねくねと曲がっています。
1m以上に伸びた新梢が繁茂しています。
1S_okiba150614_022.jpg



庭先の左の「モンモレンシー」とさくらんぼ置き場は
2m程度の空間がありましたが、
今や50センチとなり、鬱陶しいほどの繁茂です。
1S_okiba150614_026.jpg

流石に邪魔な繁茂ですので、
時期外れですが縮伐する予定です。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/585-ef3e26c4