2015-06-11 20:14 | カテゴリ:さくらんぼ
山形のさくらんぼ栽培のプロで、
栽培技術の師匠でもあるS.F.Takaさんからさくらんぼが届きました。

発送から24時間以上経過して、
普通宅配便が18時30分頃の到着でした。

品種は、天香園登録の「紅香」と
山形果樹試験場の「紅ゆたか」です。
1DC150611_002.jpg
S.F.Takaさんからは、実が柔らかめの「紅ゆたか」が輸送に耐えるか・・や、
食感などをレポートして欲しいとのことでした。

まずは、傷み果は見られず2品種は輸送に耐えるさくらんぼでした。

紅ゆたかには3Lサイズもありました。
1beniyutaka150611_003.jpg
大玉の形状でしょうか、扁平形です。
酸味を感じながら甘さもありで、きりっとした味わいでした。



紅香は2Lサイズでリンゴ型の器量良しと言ったさくらんぼです。
S.F.Takaさんはこの色合いが他と違って好きだと言うことです。
1benika150611_004.jpg
確かに良い色ですね。
見た目では紅香に軍配が上がるかも・・です。



糖度はそれぞれ1粒ずつですから、参考程度です。
1benika150611_009.jpg
どちらのさくらんぼも、甘・酸バランスの良いさくらんぼでした。
所謂、美味しいさくらんぼだと思いました。



外見は並べてみますと、その違いが良く分かります。
1katati150611_007.jpg

家内は、紅ゆたかの方が味がハッキリしていて美味しいとの感想でした。
酸味がキリッとある性かしら・・?

この2品種は佐藤錦の授粉樹としても優良桜桃樹らしく、
食べて良し・授粉環境にも寄与する品種のようです。

S.F.Takaさんの所では、今日から「佐藤錦」の収穫を始めている・・筈です。
本格収穫前の美味しい宿題をありがとうございました。

「紅ゆたか」は、素人栽培でも結実し易いさくらんぼで、
私も注力している品種です。

家にも初結実の紅ゆたかがさくらんぼ置き場に残っています。
そろそろ終結としましょうかね。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/583-b14374ba