2015-05-20 22:45 | カテゴリ:ブドウ
巨峰系の4倍体ブドウを種なしブドウにするには、
ジベレリン処理が必要です。

「ゴルビー」は満開3~5日後の処理で分かりやすいですが、
「シャインマスカット」は「巨峰」より種が残りやすいため、
開花前にストレプトマイシンを散布するようです。
この散布時期が満開の5日前で、
満開日を認識していないと実施出来ません。

ちなみに、昨年のシャインマスカットの満開日は6月15日でした。
この記録からまだ余裕だと思っていましたら、
今年は簡易雨避けと最近の気温上昇で、
既に開花し出した花房も見られ、
まだ、花穂の整形もしていませんでした。
1shainM150520_007.jpg
慌てて、ストマイ散布と花穂の整形を実施しました。
気象条件で開花時期が大きく変化します。
良い勉強をしました。


ヒムロッドシードレスも3日ほど前から咲出しています。
こちらも昨年より1週間以上早い開花でした。
1himuroSD150520_013.jpg
色々な果樹で高温の影響が見られます。



高温がらみ・・と言うことで、無理矢理ですが
「マンゴー」のその後の様子です。

結実したようです。
1mango150520_001.jpg




この結実果がどの位残るのか?
肥大は進んでいる様です。
1mango150520.jpg
最終的には2果くらいを残せたら・・と



玄関横のブドウ棚下で色付いてきた「ユスラウメ」です。
1yusuraume150520_017.jpg
艶々の赤い小果は、鳥には魅力的でしょうね。
そろそろ防鳥ネットで覆う作業が必要でしょう。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/571-8a2ece9e