2015-05-16 13:29 | カテゴリ:日本みつばち
日本みつばち飼育を思い立ってから、
かれこれ8~9年経過しています。

当初は、飼育用重箱巣箱を購入したり自作したりで、
いくつもの巣箱が経年変化で良い感じの巣箱になっています。

私の日本みつばち事情に同情した九州の仮称:Jさんが居ります。
2年前から分蜂群を捕獲したら送りますよ!!・・とのことでした。

2日前です。
携帯に「分蜂群」を送りました・・との連絡です。
ゆうパックの局留めです。

到着は昨日の18~19時頃のようで、
16時過ぎから、落ち着きません。
何度も電話で問い合わせの結果、
18時前後に到着が確認出来、
受け取りに行きました。

結局、暗くなってしまい巣箱への移動は今朝の一番仕事です。
Jさんから、輸送用箱の金網着きの木枠を外し、
2段重ねの巣箱を逆さまに置いて、
用意した重箱巣箱を上に乗せて、
30分程度で飼育箱に移動します・・とのことでした。

今朝は生憎の雨模様でしたが、
カッパを着て下の畑1にみつばちを連れて行きました。
言われた様に重ねて巣箱移動を待ちましたが、
2時間待っても移動しません。

結局、手作業で飼育箱に移動させました。
移動1時間後の状況です。
1mitubati150516_001.jpg
砂糖水を補給しておきました。



この箱が3段重ねで送られてきました。
移動しなかったのは2日間で既に巣が作られていました。
1mitubati150516_003.jpg
直径10cmほどで2cm程度の厚みの白い巣でした。
ここから離れようとしなかったようです。



一応、女王蜂は飼育箱に入っただろうと思います。
刷毛で無理矢理に掃き落としましたので、
確実に女王蜂を確認出来たわけでは無いです。
1mitubati150516_004.jpg
残っている箱のみつばちに大きな蜂も見当たらず、
蜂たちは飼育箱の出入り口で頻繁に出入りが見られます。

どうか逃亡しないで下さい。
と、祈りたい気持ちです。

Jさんには、一応移動完了の電話しましたが・・
不安です。

筑後市からやってきた日本みつばちです。
どうやら空腹に耐えてくれました。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/568-081fcddf