2015-05-08 16:53 | カテゴリ:りんご
下の畑2のリンゴ類が今年辺りからなり出しました。
管理不足のためか3,4本の苗が枯れそうですが、
予備苗は確保済みです。

一応、一次摘果して木の負荷を和らげてみましょうと・・。
まだ、小さい幼木が多いので本来の実付き・玉サイズは望めないでしょうが、
秋の賑やかし風景には良いかもしれません。

当ブログでは初登場かも・・。
カタログ記載では300g程度の中玉で
果皮は黄緑地に全面に淡黄色に着色し、
陽光面は淡紅色に着色する・・様です。
1ambisyas150508_012.jpg




上の畑内の高接ぎ枝で登場した年もありました。
1sinanosweet150508_009.jpg


今日のリンゴで注目品は、
この「スリムレッド」です。

カタログ記載から引用しますと、
果実は筒型、果皮色は鮮紅色で縞は明瞭である。
熟期は10月下旬から11月上旬でやや晩生種に属する。
大きさは180g程度の小玉で、果梗は長く、細い。
果肉の色は黄色、硬さ、きめは中、蜜入りは少なく、
果汁が多く、糖度は14~15%後で高く、酸度は0.4~0.5%となり、
食味濃厚である・・と言うことです。
1slimred150508_008.jpg




初生りまでに3,4年掛かりました。
実の着き方が独特です。
1slimred150508_006.jpg




面白い品種ですので注目したいリンゴです。
果たして暖地での出来具合は如何に・・。
1slimred150508_007.jpg




この畑には、柿の幼木も多数です。
花芽は着きましたが実止まりは難しいかも知れません。
一応、花芽付きを確認してみました。

この「次郎」は小木ながら実績株です。
1jiro150508_022.jpg




上の次郎よりやや小降りの「オレンジスター」です。
1orenjistar150508_035.jpg




次郎とほぼ同サイズの木ですが、
初生りを見たいところです。
1koihime150508_032.jpg




この「ジャンボ富有」は昨年、1個を収穫しました。
今年も花芽は良く着いています。
1Jfuyu150508_029.jpg
この畑では一番大きめの柿の木です。

同じ年に購入した「いさはや」も樹高的にはこの富有と同程度ですが、
花芽はゼロです。

他に4,5本の柿の苗が成育中です。

ほとんど放任栽培のイチジクは、
今年も3本枯れています。
鉄砲虫被害です。

挿し木苗でバックアップをとってありますので、
後日、植え付け予定です。

生き残った「コナドリア」と「グッドー」に夏果がついています。
1conadria150508_017.jpg





1goodo150508_019.jpg




かなり縮伐した「ダルマティ」ですので、
夏果はこの一つです。
1darmaty150508_021.jpg

イチジクは相変わらず、カミキリの幼虫被害が多いです。
やられるのを予測してバックアップで対応しています。

::







スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/562-eb162e90