2015-05-07 16:07 | カテゴリ:さくらんぼ
4月25日の当ブログでは、
少ないながら植え替えしなかった品種で
結実兆候が見られていました。

しかし現在は無残な状況です。
結実果は肥大するどころか、黄色く萎れて落下しています。

本場の山形でも、授粉時の気温上昇で
短果枝栽培では結実不良が発生しているようです。

我がさくらんぼ置き場では8割以上の苗が昨年植え替えていましたので、
当然のことのように結実不良でした。
それに追い打ちを掛けたのが、
長雨と気温上昇でした。

一旦結実して喜んだものの肥大が進まず、
落下し出しました。
1benisyuho150507_002.jpg
樹冠部では残る実はゼロです。
初めての経験ですが、高温障害は恐るべしです。

気温上昇に拍車を掛けたのが、雨避けの早張りでした。
長雨には有効でしたが、その後の晴天時はシート下では33℃以上になっていました。

残る実は数粒程度か?
1benisyuho150507_004.jpg

紅秀峰以外に、「紅さやか」、「香夏錦」などダメな年でも結実確保で助けられた
素人向きさくらんぼですが、
ほとんど残っていません。


正光錦でさえも影響が出ています。
1seikounisiki150507_006.jpg

昨年は、収穫間際のハクビシン食害で終了し、
今年は自然現象に負けました。

さあ!気持ちを切り替えて・・
来年の準備です。

昨年の春先に挿し木した「暖地桜桃」の挿し木苗が、
10号鉢に2つそのまま残っています。

畑も植え付け場所が無いので、
CP用の台木養成に使います。
24本挿し木して、1本だけ発根しませんでした。
1danntioutou150507_008.jpg




太いものでは指くらいになっています。
1danntioutou150507_013.jpg




地上部を半分位に切り詰めて、
ポット上げします。
1danntioutou150507_015.jpg
根量的には活着するだろうと見ています。



良い根量苗とやや根量が少ない苗がありました。
1danntioutou150507_016.jpg




CPに使う5号ポットで養成します。
肥培管理で株元の太さを1.5~2.0倍まで成長させたいところです。
1danntioutou150507_019.jpg

なかなか思い通りに行かないのが素人果樹栽培です。
来年こそは・・
これを何度言ってきたのか?

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/561-301e9a22