2015-04-13 16:02 | カテゴリ:さくらんぼ
昨日は久しぶりの晴れの一日で、
朝から農薬散布や野菜畑の畝立て作業などをして
夜は足がつりそうでした。

今朝の7時頃ではまだ降っていませんでしたので、
下の畑1の月山錦の授粉に雨傘持参で出かけました。

畑に到着と同時に降り出し、
傘を差しての授粉でした。

S.F.Takaさんのブログで紹介されている
暖地桜桃の花粉が本日届きました。
1danti_kafun150413.jpg
甘果桜桃の花粉量に比べますと非常に少なくて、
葯採取から花粉精製の収率は2割程度のようです。
ちなみに甘果桜桃では8割強とのことです。

この花粉は、佐藤錦の授粉に使ってみます。
さくらんぼ置き場では人工授粉しませんと全く結実しないのが、
この実験を行うには好都合なんです。(^_^;)

早速、昨日辺りから風船状に膨らんだ蕾が1、2花見られ出して、
絶好のタイミングで花粉が到着した次第です。

強風と強雨の降る庭先で2花ほど授粉してきました。


そんなさくらんぼ置き場の、チェリーポットに結実兆候か・・?
1cherypot150413_012.jpg
最終的に1、2果でも良いので残って欲しいところです。




2月に行った接ぎ木本数は15本でしたが、
現在、開花や芽動きが見られている居接ぎ苗は10本です。
1cherypot150413_014.jpg





一様では無くばらばらの進捗状況です。
単なる居接ぎ苗の作成であれば芽動きが見られた時点でほぼ成功なんですが、
開花・結実のおまけ付きでは・・そんなに簡単ではなさそうです。
1cherypot150413_019.jpg





今朝も3、4個の花から葯を採取した「紅きらり」はまだまだ花数が少ないです。
一応、庭先の月山錦の株から80センチの位置に植え付けてあります。
1benikirari150413_004.jpg





風船状になった蕾の花びらをむしり取って、
雄しべから葯を切り取ります。
1benikirari150413.jpg
みすぼらしい紅きらりの開花です。




ミニサイズのホットカーペットで開葯させてから、
すり潰して100メッシュのふるいに掛けて、
純花粉を採取しています。
1beniki_kafun150413_029.jpg
この花粉は月山錦の授粉のみに使用しますので、
1日の花粉量としては十分なんです。

本場の桜桃開花のように2、3日で満開になることは絶対にありません。
今年は特に1日の開花数が少ない状況でして、
月山錦では2本ともに10花/日の状態です。

ココまで開花・授粉に1週間以上経過しています。
樹幹上部はまだ1、2輪しか咲いていません。
1gassan150413_010.jpg
こんな状況ですから、明後日まで降り続ける雨予想でも
授粉が全く出来ずに終わることはなさそうです。

良いやら悪いやら・・。

S.F.Takaさん、花粉採取ではお手数をお掛けしました。
暖地桜桃の花粉の効力や如何に・・
乞う、ご期待を・・。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/545-4ac35290