2015-03-21 14:13 | カテゴリ:挿し木
今日もどんより曇り時々雨の不順な天気で、
課題の人工授粉は出来ずじまいです。

明日は晴れ間もありそうですので期待しましょう。

2月15日前後に各種台木の挿し木をしています。
さくらんぼ置き場に並べた10号ポットは毎朝眺めていました。

一応、どの台木も芽吹きが確認できます。
第一段階はクリアーできた様子です。

先ずは桜桃の台木類です。
定番の「青葉」と「コルト」です。
1S_aoba150321_004.jpg
今年は挿し木を予定していませんでしたので、
本数は少なめですが各畑に直挿しした青葉台の数はそこそこの数です。



やや遅れて挿し木した「コルト」台ですが、
芽吹きが始まり一安心です。
1S_cort150321_008.jpg




昨年の挿し床改良で好成績であった「ダーレン」台挿し木は、
今年も再現することでしょう。
1S_daren150321_001.jpg




今後の課題は、この酸果桜桃の挿し木成功率の嵩上げです。
今年の穂木は、下の畑2の枝隙剪定枝を流用しました。
比較的太めの挿し穂で勝負しています。
1S_sanka150321_002.jpg
遅れていた芽吹きが始まりました。



品種確保と中国実桜台木として利用できます。
1S_haruka150321_006.jpg
一番動き出しが旺盛です。



リンゴ専用台木の「JM7」台です。
かすかに芽動きが見られます。
1S_JM7150321_007.jpg




和・洋梨類の台木もコンスタントに確保しておきませんと・・。
1S_mamenasi150321_005.jpg




多くの単核類(スモモ・プルーン・桃・梅・アンズ・・)の台木として
重宝しているスモモ(貴陽)の挿し木です。
1S_kiyou50321.jpg




上の畑内の多品種高接ぎ梨には、
今年も3品種が加わりました。

新梢が伸び出してきましたので、
今日のような天候では一気に保湿袋を外しても大丈夫でしょう。
1N_kanRinYou150321_012.jpg




同じ木の各品種高接ぎ枝では、
花芽が綻びだして、
蕾が飛び出してきました。
1N_YarHatNik150321_013.jpg




畑内で小鉢栽培の「ドワーフピーチ・ボナンザ」は2日前から開花していました。
やはり桃類のピンクは濃くて鮮やかです。
1P_dowarf150321_018.jpg

桃の開花も1、2日で見られそうです。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/531-3241cdb5