2015-03-17 13:41 | カテゴリ:柑橘類
昨日のことです。
ブログが縁で情報交換させて頂いています仮称「カンキツさん」から
宅配便が届きました。

2個口でした。

段ボールを開きますと3本のPVPタグ付きカンキツ苗です。
葉色や根鉢も極めて良好な最新品種のようです。
1K_minto_0c1.jpg
ご自身の分は地植えで活着が確認できたので、
バックアップ苗の放出・・とのことです。

昨日は、HCでポピュラーな「不知火」苗を購入していましたが、
期を同じくしての上等苗はびっくり・仰天の太っ腹なプレゼントです。

更に、もう一つの段ボール箱を開けてみますと、
ご自身の収穫果のお裾分けです。
1K_tang_set.jpg
酸味が苦手の私のために、
食味時期のポイントまで教えて頂きました。

「せとか」が3月末頃、「星タンゴール」が4月まで置くと酸味が薄れるらしいです。

「せとか」の1個を、昨夜味見させて頂きました。
気になる酸味は無く、
濃厚な甘さを感じる良質な柑橘であることが確認できました。

悪い癖で、美味しい果実を味わいますと栽培癖が疼きます。

さて、これらの苗は今後拡張される第3畑に移植したいところですが、
まだ準備は出来ていません。
畑1に仮植えしましょうかとも考えましたが、
移植時の簡便さを考慮して10号ポットに鉢上げしました。

上手く根が伸びてくれますと、
移植時に根鉢を崩さず植え付けられますので、
植え付け時期を気にしなくて済みます。

沢山の根鉢の着いた苗でしたので、
間違いなく活着するでしょう。
1miha_asu_001.jpg




前2本より樹高はやや低い感じの「西南のひかり」も根鉢はばっちりでした。
1seinan_005.jpg




HC購入苗の弱点が根鉢です。
何でココまで切り詰めちゃうの?  と言いたくなるほどに、
折角の根を切り詰めてありました。
1decopon_006.jpg
しっかり養成して、立派な根鉢にしなくてはいけません。



ポット上げ完了後の柑橘類です。
1kankitu_007.jpg

「カンキツさん」、この度のプレゼント、
本当にありがとうございました。

初結実まで何とか漕ぎ着けたいところです。



ポットの後ろに見える上の畑内では、
アンズの「ニコニコット」と「ハーコット」の一番花が咲き出していました。
いよいよ、保存してある「ニコニコット」の花粉を使って
人工授粉作業が始まります。
1nico_harc_013.jpg




昨夜は、S.F.Takaさんにアンズやスモモに蜜蜂が行かないと愚痴っていたんですが、
今日見ますと1匹ですが、日本みつばちがハリウッドの花へ・・・。
1hari_hati_009.jpg




軒下のデジタル温度計を見ますと、
32.8℃でした。

リンゴも動き出すわけです。
1ringo_017.jpg

今日は5月頃の陽気ですね。
シャツ1枚でも動くと汗ばみました。

さて、授粉してきましょうか!!

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/527-e55cf960