2015-03-11 12:19 | カテゴリ:柑橘類
昨日から晴天なれど風強く、
今朝は薄氷が張る冷え込みで、
相変わらずの強風で野良仕事の意欲も失せています。

早朝はまだ風が弱めでしたので、
庭や上の畑内を観察して回りました。

カタログでは1月末頃までに収穫する「津之輝」ですが、
今日まで樹上に残していました。
台木となっている金柑の「ぷちまる」と一緒に収穫しましょう・・
と言うことで、少ないぷちまると同時に収穫しました。
1O_tunoka0311_0c1.jpg




昨年も少ない収穫の「ぷちまる」は更に不作でした。
1K_putimaru0311_0c1.jpg




初生り果の「津之輝」の果重です。
1O_tunoka0311_0c2.jpg




1個、切ってみました。
家内と味見しましたが香りが良いとの評価でしたが、
甘みが少なく感じました。
1O_tunoka0311_0c3.jpg
とりあえず美味しい柑橘であることは確認できました。



1月26日に処置した「チェリーポット」は、
さくらんぼ置き場に並べています。

ふと、保湿袋越しに見える花芽に若干の変化が・・。
固く茶色一色だった花芽に淡い緑を感じます。
1O_cherypot0311_0c1.jpg
花芽の膨らみを感じ取れる居接ぎ穂木は
処置したチェリーポットの約半数程度です。



花芽割れが見て取れるものもありました。
いよいよ始まった・・って感じですね。
1O_cherypot0311_0c2.jpg
何とか、開花・授粉・結実を見届けたい初トライのチェリーポットです。



上の畑内の多品種キウイ棚では、
早生種の紅芯系「紅美人」に芽動きが見られる様になりました。
今朝は霜も降りましたので、
早すぎる芽動きは心配の種です。(^_^;)
1K_kurenai0311_0c1.jpg




多品種接ぎ梨では
高接ぎの日本梨類の花芽が膨らみを増してきました。
1N_daitenri0311_0c1.jpg
居接ぎや高接ぎの梨穂木でも保湿袋内で新芽が伸び出してきました。

芽動きの始まった果樹にはそろそろ農薬散布の準備ですね。


::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/523-b71f2984