2015-02-21 17:27 | カテゴリ:野菜栽培
昨年、ホームセンターでたまたま見つけた
「ころたん」メロンがダメ元で2本購入しましたら、
意外や!、カタログの倍以上の上玉で、
子供たちの家族にも好評でした。

これに気をよくした私は、
2年前に購入していたメロンのタネを思い出しました。

3日前(2/18)のブログに、
2,3行で触れていますがお気付きになった方は居ますでしょうか?

何年か前に自給農園の”タネツギさん”に教えてもらった
めんどり育苗・・自己体温利用崔芽でした。

今回、切っ掛けとなったのは、”T&F自然日記”福田さんの
‘人肌崔芽’記事が目にとまり、
昔のことを思い出して、
早速やってみましょうと3日前に始めた次第です。


丁度良いプラケースもありませんので、
ICカードケースを利用しました。

あり合わせのスポンジを湿らせて、
タネを挟み込んでいます。
1H_kese02c1.jpg
基本的には福田さんが示しているように、
入浴時間以外は肌身離さず首から提げていました。

ほぼ24時間、35℃前後の保温状態です。



普通に購入したタネであれば、
なんてことのないことですが、
今回使ったタネは常温保存の残りタネでした。

2013年1月に入手し、
その年は数本の苗を作って下の畑2に植え付けましたが
収穫には至らずでした。

元々、発芽率の良くないメロンの残りタネです。
1T_meron0221_0c1.jpg




同じく“マクワウリ”も常温保存で、
もう使うことは無いだろう・・と思っていました。
1T_makuwa0221_0c1.jpg
1日に1回様子見していましたが、
早いメロンタネでは開始24時間でタネが割れだしていました。

昨日時点では、メロンのタネ2個が発芽していました。


3日目の今日は、
メロンが3/5個で発芽、
マクワウリでは発芽に至らず、
3個が割れだしていました。
1T_saiga0221_0c1.jpg
もう2,3日保温して、
マクワウリの発芽を促してみます。



発芽していたメロン・タネは、
早速播種しています。
1H_meron0221_0c1.jpg




画像からは分かりませんが、
割れていたマクワウリのタネ2個も播種してみました。
1H_makuwa0221_0c1.jpg

灌水後、野菜苗を育苗中の簡易ビニールハウス内に入れておきました。

これで苗ができれば、
今年はこのメロン苗で勝負です。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/511-d6aa6465