2015-02-15 17:20 | カテゴリ:挿し木
昨年の挿し木時期より10日ほど早い施行です。

今年も桜桃やスモモ・梨などの台木を育成します。
昨年の挿し木用土は好成績をもたらしてくれました。

今年は更に改良を加えた挿し木床になります。
昨年も使った「ココチップ」を配合します。
1S_coco02c2.jpg
ブルーベリー用にに購入したココチップですが、
用土の通気性を保つには良い素材です。



オーソドックスな赤玉土や鹿沼土はそのままですが、
更に「バーミキュライト」と「パーライト」を配合してみました。
通気性・ふわふわ用土で保水性も担保する狙いです。
1S_aka_kanu0215_0c1.jpg





まずは再現性を確保したい「ダーレン」台の挿し木です。
通気性の良い軽い用土が良さそうです。
10号鉢を2つ挿しました。
1S_daren0215_0c1.jpg




下の畑1,2の至る所に直挿ししている「青葉台」ですが、
一応の処置は忘れていません。
こちらも10号鉢2個です。
1S_aoba0215_0c1.jpg




昨年の挿し木用穂木はTakaさんに送って頂きましたが、
今年は下の畑2の自根苗2本の枝隙剪定枝が沢山採れました。
1H_sanka0215_0c1.jpg




昨年の挿し木成績は50%以下で発根苗の生長も良くないです。
何かヒントを見つけたい「モンモレンシー」の挿し木です。
1S_sanka0215_0c2.jpg
2鉢処理しました。




沢山は要りませんが、コンスタントに台木を維持したい豆ナシ台です。
1S_mamenasi0215_0c1.jpg




今年は2013年の挿し木苗の残りを利用しましたが、
2年おきで維持したい台木です。
1S_sumomo0215_0c1.jpg




台木として用いてもいいし、挿し木苗として養成するのもOKでしょう。
キウイの接ぎ木もやっていますが、挿し木と併用が無難です。
1S_kiui0215_0c1.jpg




一気にやっつけました。
10号鉢が11個です。
1S_sasiki0215_0c1.jpg
一先ず、さくらんぼ置き場に置いていますが、
キウイなどは屋根付きのブドウ棚下に移動の予定です。

さあ!今年の成績は如何に・・。?

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/506-b6cd0fb2