2015-02-13 16:43 | カテゴリ:単核類
下の畑1には、桃の品種が比較的多く植え付けてあります。

昨年は大幅に縮伐しましたので成り枝が少なく、
不作の年でした。
今期の冬季剪定は徒長枝の整理程度で済ませたので、
花芽もそれなりに残せたと思います。

昨年は予備苗で数個の結実だけだった
固い桃の「おどろき」ですが、
今年は復活しそうな花芽付きです。
1M_odoroki0213_0c1.jpg




早生種の代表的な桃として「はなよめ」は大分木が生長してきました。
1M_hanayome0213_0c1.jpg




我が家ではこの「ハネージュ」が貴重なネクタリンの1品種です。
1M_haneyjyu0213_0c1.jpg




植え付け3年目になる「野沢白桃」は、
そろそろ本領発揮と行きたいところです。
1M_nozawahaku0213_0c1.jpg




昨年はゼロ結実だった「西王母」です。
晩生種の大玉ですが栽培難易度も大です。
1M_seioub0213_0c1.jpg




結実良好な黄肉の桃です。
生らせすぎに要注意でしょう。
1M_SWkouki0213_0c1.jpg




「夢あさま」も3年生になりました。
昨年も結実してましたが鳥にやられました。
1M_yumeasa0213_0c1.jpg
今年の桃は例年並みの開花・結実が期待できそうです。



実付き不良だった杏の「紅浅間」ですが、
ようやく落ち着いてきたようです。
1A_beniasa0213_0c1.jpg




隣にある赤い梅の「露茜」ですが、
昨年もこの時期はたっぷりの蕾が付いていましたが、
遅れ寒波で全滅でした。

ここ1,2年当地の梅類は異常寒波被害が続いています。
今年は勘弁してほしいです。
1U_tuyuaka0213_0c1.jpg




蕾はいい感じで膨らんできました。
1U_tuyuaka0213_0c2.jpg




桃と並んでスモモ類も多い下の畑1です。
導入3年目のスモモ品種にもそれなりの花芽が付いています。
1S_koi_newh0213_0c1.jpg




古株の「秋姫」は相変わらずの花芽付きです。
3年生「アルプス王子」の初結実が見られるでしょうか。
1S_akih_ALo0213_0c1.jpg

今は殺風景な畑ですが、
もう少しで開花風景に変わるものと信じてやまない・・
道楽の果樹栽培です。

::






 

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/504-7845dff6