2015-02-10 15:59 | カテゴリ:果樹見回り
昨日は上の畑内に残しておいた剪定枝を粉砕して
BB用の腐葉土作りを行いました。

今朝は今冬一番の冷え込みで、
早朝の軒下で-2.5℃でした。

しかし日中の軒下では25℃まで上昇していました。
明日から寒波も一段落との予報です。

午前中は春ジャガ用の畑準備をしましたが、
午後は庭や上の畑内の落葉果樹の花芽を観察して、
ゆったりと過ごしています。

単核類で梅に次いで開花が見られそうなのが、
中国実桜の「暖地桜桃」でしょうか。
1D_danti0210_0c1.jpg




日本杏の「平和」の蕾もだいぶ膨らんできました。
1A_heiwa0210_0c1.jpg




西洋杏の「ゴールドコット」はやや遅れて開花しますので、
花芽の膨らみもそれなりの推移です。
1A_Gcot0210_0c1.jpg




同じく「ハーコット」も堅い花芽です。
1A_harcot0210_0c1.jpg




黄色いプルーンの「フロリナ」も小さい花芽が
若干膨らんだでしょうか。
1P_frorin0210_0c1.jpg





庭先に多いのが桜桃樹です。
本場の花芽を見てしまいますと、
何とも情けない状況ですが、
多品種・コンパクト樹形の宿命です。

一応、佐藤錦系のさくらんぼとして、
庭先では貴重品種です。
1S_ecosa0210_0c1.jpg





今年は授粉用花粉に十分な注意を払っての
授粉作業でトライしてみます。
良質な花粉でなければいけません。
1S_gassan0210_0c1.jpg





授粉樹に良いらしい「絢のひとみ」です。
1S_jyuno0210_0c1.jpg





畑から堀上間近なダーレン台の「紅福」です。
1S_koufuku0210_0c1.jpg




定番の授粉樹「紅さやか」です。
1S_benisaya0210_0c1.jpg





さくらんぼ置き場の古株の一本、
「正光錦」です。
1S_seikou02c1.jpg





仮称が気に入っています。
「超豊産性佐藤錦」
1S_tyouhou0210_0c1.jpg





そろそろ実がつくか。?
酸果桜桃の「モンモレンシー」です。
1S_monmoren0210_0c1.jpg





授粉樹の定番的な品種。
「ナポレオン」です。
1S_napol0210_0c1.jpg





貧弱な株ですが、一応「佐藤錦」です。
1S_satou0210_0c1.jpg

今のところ、各果樹の花芽は良好そうです。

今年の訪花昆虫事情はどうなりますやら・・。
1,2匹でもミツバチが訪花してくれると万々歳です。

蜂よ来い!!

::









スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/502-bae5820b