2015-01-13 17:13 | カテゴリ:接ぎ木
風も弱く、穏やかな冬日に誘われて、
ちょっと早い接ぎ作業で遊んでみました。

と、言いましてもキウイや梅は丁度良い時期かもしれません。

下の畑2の一角には、
昨年の居接ぎ時に切り詰めた台木の枝を
無造作に直挿ししていましたが、
立派な太いスモモやおはつ桃の台木が出来ました。

今日はその台木を使ってスモモ・桃・梅などを接いで見ました。

先ずは、スモモのバックアップ苗確保で、
3,4品種の居接ぎです。
1S_akBOiku0113c1.jpg




桃の2品種も親木のみでしたので、
バックアップ苗を確保です。
1P_akatuki0113c1.jpg




この梅も同様にバックアップ苗確保です。
1S_ume0113c1.jpg




計画性も無く直挿しでしたので、
狭いところに台木が残ってしまいました。
太い台木は直径3cmもありました。
1Itugi0113c1.jpg
切り詰めはノコギリでした。



自根苗の酸果桜桃「モンモレンシー」の株元には、
丁度良いヒコバエが発生していましたので
「紅きらり」を処方しておきました。
1M_beniki0113c1.jpg




即戦力を狙って変形穂木を接いで見ました。
1M_beniki0113c2.jpg




下の畑1の地植え「南高」梅に高接ぎも施しました。
1U_ousSUI0113c1.jpg




リクエストで「レインボーレッド」苗を作ります。
丁度良い台木が見つからないので、
紀州ゴールドの居接ぎ苗を流用しました。
1K_rain0113c1.jpg
遅霜でやられないことを願いたいところです。

接ぎ木作業本番は2月以降の予定ですが、
お天気次第ではこんなトピックスが頻繁かも・・。


下の畑2のビワは結実が確認できるようになりました。
ピラミッド状に着いた果房は
上部を摘果しました。
1D_tekikai0113c2.jpg
最終的には1果房2果位に摘果して、袋掛けの予定です。



田中も同様の摘果作業です。
1T_tekika0113c2.jpg




徒長枝を少し整理して見ました。
1B_daigo0113c1.jpg




田中も現状はまずまずの実止まりのようです。
1B_tanaka0113c1.jpg

袋掛け後は、防鳥対策も必須かもしれません。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/486-220a483f