2015-01-10 16:58 | カテゴリ:さくらんぼ
昨年のさくらんぼ置き場では、
収穫間際にハクビシンの食害で全滅でした。

過去、数年間は防鳥ネットで
鳥の食害だけを注意すれば良かったのですが、
ハクビシンは予想外の襲撃でした。

今年は完全防御でさくらんぼ狩りを何とか・・・。

ちょっと早い施行ですが、
暇に任せて防獣ネットを張り巡らせました。
使う防獣ネットは下の畑2の周囲を囲っている
防獣ネットの幅広タイプ(2.1m幅)を用いました。
1BJ_net0110c1.jpg
ホームセンターで購入できるので、
他の果樹(梨やブドウの垣根)にも利用しています。


施行前は、従来の防鳥ネットのみですが、
防獣ネットを張り巡らせて二重構造にします。
1BJ_net0110c2.jpg



施行完了で、
結実・着色時期にはこの様に防御します。
1BJ_net0110c3.jpg
裾は時期になったら押さえ棒を入れる予定です。


普段は、北面を巻き上げて置きます。
1BJ_net0110c4.jpg
後は、雨よけシート張りが開花時期頃の一仕事になります。


そんな「さくらんぼ置き場」の花芽を観察してみました。
@先日の石灰硫黄合剤散布で全般的に白っぽく見えます。
1B_syuho0110c1.jpg
新梢がほとんど見られない紅秀峰です。
半地植えで樹勢が落ちているのかも・・。



花芽が少ない「紅きらり」コルト台、
やはり酸果桜桃台紅きらりの成長に期待です。
1B_kira0110c1.jpg




さくらんぼ置き場では貴重な受粉樹になります。
1B_saya0110c1.jpg




下の畑から移動した「紅ゆたか」です。
1B_yuta0110c2.jpg




昨年、鉢上げしていた「エコ佐藤錦」の花芽です。
1E_sata0110c1.jpg




半地植えを昨年末に完全地植えに変更の「月山錦」です。
1G_nisik0110c1.jpg




短果枝は葉芽を残して欠き取るのがベター・・とのS.F.Takaさんのアドバイス。
1G_nisik0110c2.jpg




この「紅福」ダーレン台も下の畑での養成苗です。
1K_fuku0110c1.jpg




さくらんぼ置き場では古顔の「香夏錦」です。
1K_kani0110c1.jpg




酸果桜桃の「モンモレンシー」の花芽です。
1M_lency0110c1.jpg




さくらんぼ置き場の発足時からの「ナポレオン」です。
1N_pole0110c1.jpg




こちらも古顔の「正光錦」で、
暖地でも良くなる桜桃です。
1S_kouni0110c1.jpg




佐藤錦の良苗が無いので現在養成中です。
急場しのぎの普通の「佐藤錦」です。
1S_touni0110c1.jpg




我が家では古株の「豊錦」は、
改めてよく見ますと短果枝が出来にくいタイプのようです。
剪定も紅きらりや月山錦と同じが良さそうです。
1Y_nisik0110c1.jpg

と、まあ・・花芽は着いていますが・・。
まだまだ受粉環境は良い状態ではありません。

さらなる改善策が課題の桜桃栽培です。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/485-71a76f41