2012-11-19 18:24 | カテゴリ:ビワ
上の畑のビワ2本は25リットル鉢の半地植えで
旺盛な成長ぶりでした。

ビワは常緑で大きくなると日陰をつくりますので嫌われます。
この2本も成長と共にそんな弊害が見られ出していました。

花の咲きだすこの時期が移植に適しているとは思えませんが、
結実した2、3月よりマシだろう・・ということで本日決行しました。

1本ずつ無理やりに自家用車に詰め込んで運びました。
tanaka1119c1.jpg
助手席の背もたれも倒して全長3mの苗を下の畑2まで運びました。


植え付け場所は、昨年柿の苗2本を植え付けて失敗した場所です。
枯れた柿の木を抜き取ってからの穴掘りでした。
田中の全容を撮影するのは苗購入時以来でしょう。
上の畑内では苗の直近でしか撮影できませんので・・魚眼レンズでもないと
全体像を撮影することは不可でした。
tanaka1119c2.jpg

他の果樹への影響が一番少ない北西端になります。
植え付け時に新梢や徒長枝などを整理しています。


「田中」には3種のビワを高接ぎしています。
”早五星・クイーン長崎・長崎早生”
Q_NW1119c1.jpg
移植直後の結実は難しいかもしれませんが、
根鉢は切れた部分も少なく植え傷みは
昨年の柿より少ないものと見ています。


「大五星」も植え付け完了で新梢を整理しています。
daigosei1119c1.jpg
全体像も初公開ですね。
樹高2.5m、樹幅3.0mっといった感じです。


大五星の花芽も多数見られますが、
今年の結実はあまり期待しないでおきましょう。
daigosei1119c2.jpg


ビワ苗の2本は風揺れ防止の杭を多数打ち込み、
根付き促進を図っています。
biwa1119c1.jpg



今春の居接ぎで僅か1本活着した実生苗も植え付けました。
今後、台木として利用できるでしょう。
itugi1119c1.jpg



上の畑内では、ビワで見えなかった露地植えナシのラ・フランスの
南面が見えるようになりました。(初公開)

更に日差しも差し込むようになりました。
younasi1119c3.jpg



先日、半地植えにした桃の大鉢も違う角度から眺められるようになりました。
この画像の真ん中に2本のビワの葉が密集していました。
nasi_momo1119c1.jpg
スッキリしました。


今日は、この他にスモモ5本、りんご多品種接ぎ苗1本、
暖地桜桃1本を下の畑2へ植え付けました。


下の畑2も大分手狭になってきました。




・・







スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/48-6d288c87