2014-12-21 15:36 | カテゴリ:さくらんぼ
2つ前のブログ記事で「酸果桜桃」のお引き取りを募集していました。

最近、果樹栽培に目覚められた仮称:「オートM」さんにお譲りしました。

その熱中ぶりには驚かされており、
心配になるほどです。

今日も、軽トラで引き取りに来られたのですが、
聞けば、注文苗が6本昨日届き、
自営業が終わる午後8時過ぎから氷雨降る山の圃場に出向き、
夜中の12時過ぎまで投光器の明かりを頼りに、
苗の植え付けや引き取り苗用の穴掘りをやったようです。

ご本人の言葉で表現しますと、
””楽しくて、堪りません!!”

同市内在住で大きなモーターバイク店の経営の傍らで、
果樹栽培に取り憑かれた・・感のオートMさん。

こんな熱血栽培家に引き取って頂き幸いな果樹達です。

今朝、野菜畑に昨年植え付けていた
「紅さとう」と「アメリカンチェリー」を入れ替え苗の為に
掘り上げてきました。
1beni_ame1221c1.jpg
この2本はさくらんぼ置き場で収穫株だった樹ですから、
即戦力の桜桃樹です。

昨年植え付けたばかりですが、しっかり根が張っていて、
堀上げは容易ではなかったです。


庭先に3本あった内の1本のこの苗はコルト台で、
鉢底からゴボウ根がワンサカ出ていました。
1san_m1221c1.jpg
半地植えでもポットを割って全地植えでもいけるように、
ゴボウ根は切らずにビニールで覆いました。

運搬準備が出来たのでフェスブックのメッセンジャーで連絡文を打っていましたら、
グッドタイミングのオートMさんからの電話です。

即刻、駆けつけて軽トラで運んでいきました。
1outou1221c1.jpg




酸果桜桃が無くなった庭先に残る「月山錦」は、見通しが良くなりました。
1gas_a1221c1.jpg




すぐ左隣には枝が絡み合うように我が家では古株の
「豊錦」が鎮座しています。
1yutaka1221c1.jpg
この豊錦のS遺伝子型は特異であることが昨年明らかとなり、
やや価値を高めた感じです。
”S1S9”


恐らくこれが最終的な落ち行き場所かと・・。
1yut_gas1221c1.jpg
狭い場所で窮屈でしょうが頑張ってもらいます。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/470-69785973