2012-11-11 14:55 | カテゴリ:カリン
野菜栽培仲間のお隣さんが
下の畑1の様子を見学したいとのご希望で
ご案内した時でした。

昨年は小さめの黄色い実が沢山収穫できたカリンが
やや色ついて1個落下していました。
お隣さんは初めて「カリン」を見たようで、
”どうして食べるんですか?”

昨年のジャム作りやカリン酒の効能などを
お聞かせしました。


しばらく見ていない間に肥大が進んでいました。
全部で5個の結実で少ないのが肥大を促進したようです。
karin1111c4.jpg


一番色付きが良かったのが小玉のこの1果でした。
大きさは昨年のカリンサイズです。
karin1111c3.jpg


このカリンサイズは初めて見る大きさです。
果樹カタログで目にする大きさが丁度このカリンくらいでしょうか。
まだ色つき始めたばかりで香ダチもすくない感じです。
karin1111c2.jpg


まるで大玉りんごを見る感じです。
程よい摘果栽培は、
どの果樹にも共通の大玉狙いの極意かもしれません。



・・
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/44-ef334d11