2014-09-29 15:39 | カテゴリ:キウイ
週末の土・日は町内のプレイデイ(運動会)の準備や救護班の分担で、
終日、忙しく奉仕してきました。
幸いけが人も少なく、擦り傷が3名と昨年より大幅に減少しました。

晴天が続き、吹き抜ける風も爽やかです。

下の畑1,2の見回りに出掛けました。

下の畑2のキウイ棚下ではポツポツと自然落下キウイが転がっていました。
「MG-06」、「紅芯キウイ」と接ぎ木の「ジャンボイエロー」が目立ちました。
接ぎ木の「ジャンボイエロー」は樹上の実にもシワが見られ、
触ってみますと柔らかみを感じました。
1Jyel0929c1.jpg
落下していた数個を回収しましたが、
シワシワが見られた実も樹上から収穫しました。



初生りの接ぎ木苗で、玉サイズは普通です。
1Jyel0929c2.jpg
落下していた1個を食べてみますと甘さもあった十分美味しいキウイでした。



こちらは挿し木の2年生「ジャンボイエロー」ですが、
シワシワが見られず固いキウイです。
1Jyel0929c3.jpg




やはり2年生の方が玉サイズは大きいようです。
1Jyel0929c4.jpg
紅芯系の落下キウイは、すぐ食べても糖度がのって美味しいキウイでした。
黄肉系は追熟してみます。



先日、庭先や上の畑のリンゴを観察しながら試し取りしていました。
玄関先の「秋映」は濃い色付きで目立ちます。
1akibae0926c1.jpg




良い色相のリンゴです。
1akibae0926c2.jpg




上の畑内の「シナノゴールド」も濃い緑から薄黄色に変化し出しました。
1sinanoG0926c1.jpg




食べても意外と美味しいリンゴです。
1sinanoG0926c2.jpg




遅れていた「ジャンボ王林」にもやや色付きを感じます。
1Jourin0926c1.jpg




今年の色付きはやや不良の「アルプス乙女」です。
有機銅薬剤散布で汚れていますが、タオルで拭き取れば問題なしです。
1ALotome0926c1.jpg




高接ぎの「北紅」も遅れ気味の色付きです。
1kitakurenai0926c1.jpg




下の畑2で収穫してきた「ジャンボイエロー」は自前のリンゴで追熟です。
1Jyel0929c5.jpg

落下していた黄肉系キウイを何個か食べてみましたが、
甘さも十分で美味しいキウイになっていました。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/433-6546637b