2012-11-08 17:24 | カテゴリ:キウイ棚
上の畑内に残っていました鉢植え「次郎」を収穫しました。
下の畑1の露地植え次郎では300g越えはありませんでしたが、
この鉢植え次郎の一果は目出度く300g越えでした。
jiro1107c2.jpg

この次郎は落葉後に、下の畑2へ開放してやろうと思います。
小鉢で良い実をつけてくれました。
jiro1107b.jpg


同じ畑内に鉢植えりんご苗は10本近く残っています。
その内の1本に結実した「さんたろう」が良い色に成っていました。
santaro1107c1.jpg
小鉢の多品種接ぎですので僅か1果です。
初生りの小玉ですが綺麗な黄色です。


昨日の午後の一仕事でした。

棚用の長尺(5m中古プロ用)単管を軽トラで昼前に
十数本ほど自宅から下の畑2に運んでもらいました。

昼食後、一気に組立作業です。
作業はジョイントで連結・クランプ締め付ける・・の、
単純作業の繰り返しでした。

予め支柱たての際に支柱上部にクランプ取り付け位置を印していました。
手際の良いプロの仕事・・?
余った2本は筋交い的に棚上に配しました。
tana1107c1.jpg


極端な歪みも見られず気持ちの良い組立でした。
tana1107c2.jpg



図的には筋交いが邪魔ですが、まあ無いよりマシでしょう。
tana1107c3.jpg


いざキウイ棚が建って場所を専有しますと急に手狭な畑に見えます。
桜桃のジョイント栽培の場所は大丈夫かしら?
tana1107c4.jpg

1、2年先には少しずつ結実果樹も見られると思います。
初代の下の畑1とは違った品揃えで
楽しめそうな果樹園を目指します。


・・







スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/42-7b08e90b