2014-08-16 16:48 | カテゴリ:
3、4日前に兄貴が地元産の梨を持ってきてくれました。

お礼にと思い、残っていた桃の「なつっこ」と
ブドウの「ヒムロッドシードレス」を少々用意しました。

大事にし過ぎて最大果は傷んでいましたが、
遮光袋の1果は400g超えでした。
1natukko0816c1.jpg




固めの桃ですが完熟果は結構美味しい桃になっていました。
1natukko0816c2.jpg




この時期の梨はジューシーで渇いたのどを潤わせてくれます。
1kousui0816c1.jpg



この梨を味わいますと、下の畑2の無袋梨が気になり出しました。
ハクビシンの食害の後は鳥の突っつきがバカになりません。

幸い今日は濃霧ながら雨は降っていません。
急遽、袋掛けを実施してきました。
1nasi0816c1.jpg
摘果や食害にあった実が転がっています。



「築水」は結実良好です。
1tikusui0816c1.jpg




「王秋」も実付き良好ですが、少し間引きました。
1ousyu0816c2.jpg




「愛宕」は袋掛けしながら摘果もしました。
1atago0816c1.jpg




「八雲」はたった1個残っていました。
小さい玉サイズです。
1yakumo0816c1.jpg
もう少し実が着いていた「八雲」でしたが、早生故に狙われたようです。



ブログ仲間の桃太郎さんのつがるが良い色で収穫されていました。
ウチのつがるは・・?
気持ち色付きが始まった・・って感じでしょうか。
1tugaru0816c1.jpg




この「つがる」が一番色付きが進んだ1果ですが、この程度です。
1tugaru0816c2.jpg
今年もリンゴは全て無袋で栽培中です。
収穫まで保つか否か・・?

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/412-64973646