2014-07-31 16:55 | カテゴリ:
昨夜、S.F.Takaさんとの会話中に「八雲」の話が出て、
久しぶりに下の畑2の梨の様子でも見てきましょうと・・。

行ってみますと、うむっ!。
キウイ棚下の落下キウイを囓った跡が・・。
1syokugai0731c2.jpg
食べたところに皮が残っています。

この食べ残し跡は、あいつによく似ています。

垣根仕立て梨類には、そこそこの結実があったのは承知していましたが、
本格的栽培は来年以降に・・と勝手に決めていました。

ですので、ザッと摘果はしましたが袋掛けもせずに放置していました。
鳥が突き始めたのかと思っていましたが、
どうやら奴らのお出ましのようです。

この食べ跡はまさしく、桃と同じ様に皮を残しています。
1syokugai0731c1.jpg
中心のタネの部分は丸く残っています。

今まで、この畑2は電柵効果で猿の襲撃は逃れていましたが、
鳥(カラスやヒヨ)の食害がメインでした。

防獣ネットを点検しましたが、破られた様子はなく、
どうやらネットをよじ登った様です。
このパターンは、下の畑1と酷似していました。

完璧な防御策としては、垣根し立て梨の木を防獣ネットでサンドイッチして、
入られても食べられないようにするしかないかも知れません。

放任している梨類の結実の様子を拾ってみました。

良い実付きの「愛宕」梨です。
1atago0731c1.jpg




「幸水」やこの「なつしずく」の食害が目立ちました。
1natusizuku0731c1.jpg




中国梨の血を引く「王秋」はザラッとした果肉です。
1ousyu0731c1.jpg




「N梨」はまだ小さい玉サイズです。
1nikori0731c1.jpg




初生りの「八雲」も何個か残っています。
1yakumo0731c1.jpg




今日気がついて摘果した花叢も有りました。
1yutaka0731c1.jpg




「築水」も結実性は良さそうです。
1tikusui0731c1.jpg

このほかに「かおり」、「J新高」、「ゴールド二十世紀」、「幸水」などが着いていました。
コンパクト樹形で防御策を講じますとそこそこの梨の収穫も可能かと感じられました。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/404-df442f71