2014-07-28 16:54 | カテゴリ:上の畑
昨日の猛暑に比べますと、幾分湿気も少なく過ごしやすいです。

鉢果樹に散水しながらプルーンの「ツアー」に目をやりますと、
実全体が濃いブルーに色付き、触ると弾力を感じました。

と言うことで、「ツアー」を収穫してみました。
1tur0728c1.jpg




しっかりと樹を作ってあげれば豊産性のプルーンです。
作りやすくて美味しいプルーンの代表的品種です。
1tur0728c2.jpg




何年か前の挿し木がそのままポットから根を下ろした「ドーフィン」が熟していました。
1masui0728c1.jpg




この畑内には鉢植えの「ロンドボーデックス」が実をつけていました。
1londo0728c1.jpg




庭先の「サルタン」にも幾つかの実が・・・。
1sarutan0728c1.jpg

下の畑1,2にもイチジクがあり、たくさんの実を着けていますが、
ほとんどが鳥の餌と化しています。

少ない実付きでも庭や上の畑ではリアルタイムで完熟の様子が分かりますので、
収穫時期を逃すことが少なく、鳥害も防げます。

少ない稔りでも確実に収穫出来るのが一番ですね。

同じ畑内の多品種接ぎ「黒柿」も漸く生理落果が終わったようです。
1kuro0728c1.jpg




この時点で残った実は初収穫果となるかも知れません。
1okitu0728c1.jpg




安定的な結実枝となった「基肄城」です。
1kijyou0728c1.jpg




本来の大玉とはならない「いさはや」です。
1isahaya0728c1.jpg
本当の大玉を見たくて昨年、「いさはや」の棒苗を下の畑2に導入しました。



上の畑内の優良「太秋」株です。
樹は小柄ながら良い玉サイズの柿を着けてくれます。
1taisyu0728c1.jpg

下の畑1の次郎や畑2の柿苗も落下が一段落したようで、
全部落ちてしまった品種もありますが初生り品種もありそうで、
収穫の秋が楽しみです。
::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/403-420cc3a7