2014-07-06 16:53 | カテゴリ:スモモ
先日から庭先の多品種接ぎのビューティに
毎晩のように足繁くハクビシンがやってきます。
外皮を残して美食家です。
1syokugai0704c1.jpg
ヒヨも時折紛れ込んで実を突きますが、大した被害では無いです。


全滅する前に「プラム井上」と「李王」は収穫しましたが、
本体の「ビューティ」と「メスレー」が残っています。
1byuthi0706c1.jpg




今日も初めて「ビューティ」を収穫しました。残っていた「メスレー」も少々。
1byuthi0706c2.jpg
2,3日前から、盗賊の姿を捉えようと画策しています。

昨夜もやってきたようで画像が残っていたのですが、
設定のカメラ+ビデオモードが正常に起動せず、
ハレーションのきつい画像に奴らの姿が確かに写っていました。

もう少し鮮明な画像ないしは動画を撮りたくて、
ビデオモードオンリーで今夜は設定してみます。
1camera0706c1.jpg
下の畑1でハクビシン被害が多発した頃に購入していましたが、
久しぶりに庭先に設置です。

昨夜は被写体との距離が近過ぎた感があり、
ハレーションの要因だったかも知れません。

今回は1.5m程離して三脚で狙っています。
今夜、奴らはやってくるか・・?


上の畑の周囲は防獣ネットを張り巡らせた効果が、
ハクビシン被害は免れています。
桃苗が4,5本ありますので昨年までは良くやられました。
今年はまだ収穫できる桃が少ないですが、
「日川白鳳」がボチボチです。

今週は台風の影響も出そうなので熟れ時の桃を回収しました。
保護袋を着け忘れの実が1個。
1hikawa0706c1.jpg




遮光袋でしたので・・。
1hikawa0706c2.jpg




上の畑内では「山吹大玉あかつき」と「なつっこ」が残っていますが、
まだ固い青い桃です。
この日川白鳳で初夏の味を先取りです。
1hikawa0706c3.jpg




イチジクの「ビオレーソリエス」は、
地植えでの実付きが難しい品種として知られています。

事実、我が家も地植えを始めて数年になります。
下の畑2で数種のイチジクを栽培していますが、
生い茂った枝が絡み合って気付きが遅れました。

株元まで辿ると「ビオレーソリエス」に間違い無しです。
1bioresori0704c1.jpg




ほとんど存在を忘れていた品種でした。
この株を枯らさないようにしたいところです。
1bioresori0704c2.jpg

早生栽培を狙うには大株に高接ぎが良いかも知れません。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/391-3c7a3d1c