2014-06-29 19:22 | カテゴリ:キウイ
下の畑1のキウイ棚のキウイの木はまだ成長過程です。
昨年から収穫株としてなり出していますが、
今年もまずまずの実付きです。

肥大を狙って早期の摘果とフルメット処理を実施しています。
比較対照が無いのでフルメットの有効性はハッキリしませんが、
昨年より玉サイズは良いかも知れません。

純正のアップルキウイは枯れてしまい、苗を養成中ですが、
アップル系と見られるキウイです。
1APL0629c1.jpg




相変わらず実付き不良の「ゴールドエンペラー」ですが、
味の良さは捨てがたい品種です。
1Gemp0629c1.jpg




ツルッと特徴な外皮です。
1Gemp0629c2.jpg




3年目の結実は豊産性を窺わせます。
1kisyuG0629c1.jpg




肥大も良好な「紀州ゴールド」です。
1kisyuG0629c2.jpg




紅芯系キウイの走り的存在の「紅妃」です。
1kouhi0629c1.jpg




晩生の「香緑」は幼果が漸く肥大し出しました。
1kouryoku0629c1.jpg




外見は香緑とほとんど同じに見える「香緑F1」です。
初結実になります。
1kouryokuF0629c1.jpg




開花・結実時は不調でしたが、
何とか残った「紅美人」です。
1kurenai0629c1.jpg




良好な肥大の「MG-06」です。
1MG0629c1.jpg




紅芯系では豊産性の「レインボーレッド」です。
1rainbow0629c1.jpg




肥大も紅芯系3種の中では良好な「レインボーレッド」です。
1rainbow0629c2.jpg




サルナシも結実良好です。
1sarunasi0629c1.jpg




切り詰めた紫香ですが、結実は良好でした。
1sikou0629c1.jpg

まだまだ先の長いキウイです。
順調な肥大を願いたいところです。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/389-c175f7c1