2014-06-27 14:30 | カテゴリ:スモモ
さくらんぼ置き場のすぐ横には、
30年生多品種接ぎのビューティの木があり、
プラム井上や李王が良い色に熟してきました。

奴らは熟期を心得ています。
今朝見ますと、昨日まで落ちて赤くなっていたスモモの実が消えています。

皮だけが綺麗に残っています。
どうやら熟した香りを嗅ぎつけた様です。

この多品種接ぎではプラム井上が先行して熟します。
やられる前に収穫しました。
1su_an0627c1.jpg
上の畑内で残り果も集めました。
アンズやスモモの「いくみ」です。


4品種の味比べをしてみました。
1su_an0627c2.jpg
アンズの「ニコニコット」は小木で初生り果ですので、
本来の味はまだ出ていないかも知れません。

久々に味わえた「ハーコット」は美味しいアンズでした。
1harcot0627c1.jpg
桃並みの甘さです。


小玉だった「ニコニコット」ですが、今後が楽しみです。
1nikonikot0627c1.jpg
意外と高い糖度で、生食向きのカタログ記載が頷けます。



スモモの「いくみ」も美味しい実でした。
スモモでこの糖度は非常識でしょう。
1ikumi0627c1.jpg




プラム井上は酸味が少ないので薄味な感じです。
ほんのり甘味も感じます。
1Pinoue0627c1.jpg

ケージ型捕獲器に餌を入れて仕掛けておきました。
先日のさくらんぼの食害時にも仕掛けていましたが、
餌だけ食べていきました。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/387-c6e0f19b