2014-06-11 13:21 | カテゴリ:さくらんぼ
昨日、S.F.Takaさんが送ってくれた「ジャボレー」が届いていました。
溝延特産の”いちご”かと思いましたが、
S.F.Takaさんのブログにもあったジャボレーでした。

「レッドグローリー」も混じっているようですが、
外見だけではジャボレーと区別できませんでした。
1jyaboray0611c1.jpg

我が家のさくらんぼは獣害被害で、ほぼ全滅でした。
残り果をジャム用にと寄せ集めて1kg以上ありましたが、
作り手の家内と口喧嘩となり、カッとなって勢いで捨ててしまいました。

S.F.Takaさんとのスカイプで、このことを話しましたら、
きつく窘められました。

ジャボレーを送りますから仲良くジャム作りしなさい・・と言うことです。

普段はほとんど手を出さない私ですが、
軸取りと種取まではやりましょうと約3kgを30分程かけて台所仕事です。
1jyaboray0611c2.jpg




典型的な捕タヌ話ですが、今年は自家産の酸果桜桃でジャム作りを・・・と、
花の咲く前からタネ取り器まで購入していましたが
モンモレンシーは10粒程度しか結実せず、既に鳥のご馳走になっていました。
1chefnc1.jpg 




このタネ取り器は意外と軽快で、面白いようにタネが飛び出して、
一気にやっつけられました。
1chefn0611c1.jpg
後は、家内に任せて雨天の本日はホームセンターまで買い出しです。



帰宅しますと、ジャムが出来上がっていました。
1jam0611c2.jpg




昼食は、自家産の食パンに出来立てジャムを塗って味見です。
1jam0611c1.jpg

S.F.Takaさん、ご心配と優しい贈り物を有り難うございました。
まあ、団塊の世代はこんな頑固者が多いようです。
S.F.Takaさんのように奥様を大事にされる度量を持ちたいものです。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/380-009d5915