2014-06-07 11:09 | カテゴリ:さくらんぼ
やられました!

過去数年、防鳥ネットでハクビシンの食害は起きていませんでした。
昨夜の豪雨も一段落の早朝、居間からさくらんぼ置き場を見ますと、
景色が変!

なんと、あるはずのさくらんぼが激減しています。
ハクビシンが宴会を開いたようです。

色付きが進んでいた品種はことごとく食べられていました。
「紅さとう」の残り果は数粒でした。
1benisato0607c1.jpg

ハクビシンは木登り上手で樹幹内部まで食べ尽くしています。

例年より実付き不良だった「香夏錦」は、
数が少ない分3L以上で見応えがありましたが、
ほとんど完食に近い状態でした。
1kouka0607c1.jpg




数粒残った樹幹最上部の「香夏錦」ですが、
食べられる前に回収しました。
1kouka0607c2.jpg

2本ある「紅秀峰」の1本は樹高が1.2m程度でポツポツ程度の実付きながら、
大玉でした・・が、見事に完食されました。

もう1本の「紅秀峰」の株元には、
試食会の痕跡が残っています。
1benisyu0607c1.jpg




この「紅秀峰」の色付きから、
来週の日曜日辺りでさくらんぼ狩りの連絡を入れましょうかと・・。
これぞ、捕タヌ・・の典型例です。
1benisyu0607c2.jpg

もう少し置きたい色付きでしたが、渋々残り果を収穫しました。

「さおり」の被害もハンパないです。
無くなってしまった実を褒めても現実味が無いですが、
大粒で良い色でしたが完食です。
1saori0607c1.jpg




細枝の先端部に残ってまだ色付き途中の「さおり」は目残しです。
1saori0607c2.jpg




圃場の北面にある「正光錦」は大玉でやや色付きが遅れていましたが、
ほぼ完食でした。
この食べ具合から1匹の仕業では無いように思います。

南面の「正光錦」の下枝はほぼ完食状態でした。
1seiko0607c1.jpg




樹高が2.5mくらいのこの正光錦の樹幹上部の被害は軽微でした。
色付きももう一息でしたがむしり取りました。
1seiko0607c2.jpg




雨が掛かって実割れした「佐藤錦」はたまたまかも知れませんが、
樹幹上部は残っていました。
1sato0607c1.jpg


何ともやりきれないさくらんぼの終了宣言となりました。

まだ黄色い色付き前の実はそのまま残しましたが、
色付き出した実は回収しました。
紅秀峰、正光錦、さおり等のごちゃ混ぜです。
1outou0607c1.jpg

捕タヌ話ですが、食害前はこの4倍程度は確保出来ていた・・と思います。

今年も、害獣との戦いが始まりました。
防鳥ネットから防獣ネットに格上げしませんと、
来年のさくらんぼ狩りもお流れになりそうです。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/378-56040599