2014-05-18 16:05 | カテゴリ:日本みつばち
今日は町内の草刈り日でした。
年に2回、5月と9月に実施です。

作業も終わって、普段やらない蘭の手入れです。

日本蜜蜂を誘引する蘭として知られる金稜辺。
別名、ミツバチ蘭は今年もあだ花で終わります。

まだ、開花中ですが日本蜜蜂が全く居ない当地では、
これ以上置いても仕方が無いので、
何年振りかで株分けをしました。

蘭鉢に根が回りきってこれ以上放置も出来ません。

現在の金稜辺とミスムフェットの咲き具合です。
1kinryou0518c1.jpg
まだまだ咲き続けますが、株分けのため花穂を切り取りました。



ミスムフェットの花房は金稜辺より立派に見えます。
1mufetto0518c1.jpg
金稜辺より寒さに弱いようです。



数年前に群馬の山さんから、培養苗を分けていただいた中に
1本白花が混じっていました。
1sirokin0518c1.jpg
今年はこの株を分けて鉢数を増やします。



蜂さえ居れば強力な誘引株として活躍できる筈ですが、
あだ花となりました。
1kinryouhen0518c2.jpg




白花は7つの鉢に株分けしました。
1kabuwake0518c1.jpg




ミスムフェットは下の畑1のビニールハウスで今年枯れまして、
一鉢残った株を2鉢に分けました。
1kabuwake0518c3.jpg




ミスムフェットの一鉢。
 1kabuwake0518c2.jpg



結局、金稜辺(赤花)は3鉢を株分けしましたが、
用意した鉢が足りなくてこの3鉢は次回の株分けとなりました。
1kin0518c1.jpg
まかり間違って、ミツバチが飛んできませんでしょうか。

来年こそは、この蘭とトラップで分蜂群を捕まえる・・ぞっと!

::
訪問ありがとうございます。
お帰りに クリックで応援いただくと
励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/368-7e7f52c0