2014-04-21 11:01 | カテゴリ:さくらんぼ
今日は昨夜からのシトシト雨です。

昨日、さくらんぼの授粉作業に出掛けた際に撮影していた、
下の畑1にあるさくらんぼの
養成苗や若干生長した木の観察記録です。

この3年生苗の兄弟苗たちは各地で順調に育っているようです。
3nensei0420c1.jpg
少ない数ですが開花中です。
作者の株が一番出来が悪そうです。

この下の畑1では思わぬ害虫被害で
さくらんぼの授粉効果は確認出来ないかも知れません。
と言いますのは、クロアリが花に潜り込んで雌しべを食いちぎっています。

セッセと人工授粉した雌しべを食いちぎられては授粉する筈も無く、
株元にゴムバンドを巻いて蟻避けしてみましたが、
ほとんど効果は無さそうです。

この3年生の1本「紅ゆたか」です。
3beniyutaka0420c1.jpg



同じく3年生「紅福」コルト台です。
3koufuku0420c1.jpg
整枝剪定の悪さを露呈しています。
いずれは庭のさくらんぼ置き場に移したい桜桃樹です。


この畑には3年生と4年生の「紅てまり」があり、
これは4年生の苗です。
隣奥は「幸福錦」です。
3benite0420c1.jpg
これも蟻被害です。


今年はまずまずの花付きですが蟻の悪さが気掛かりです。
3gassan0420c1.jpg



1年遅れの「月山錦」No.3苗です。
3gassan0420c2.jpg



枝を切り詰めましたがまだ2m以上の樹高です。
花芽付きが月山錦より悪い感じです。
3kiiroi0420c1.jpg
株元の直径は10cm程度です。



下の畑1内では一番古い株です。
3koukanisiki0420c1.jpg




蟻の被害がなければそこそこの実付きが期待出来る筈でした。
3koukanisiki0420c2.jpg




初代酸果桜桃の自根苗ですが、庭先のコルト台酸果桜桃に比べると、
花芽付きは少なくまばらです。
3sankao0420c1.jpg

下の畑2にも同じ様な自根苗が2本ありますが、
株の大きさや花芽付きは似た感じです。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/350-e17c7043