2014-04-16 21:53 | カテゴリ:さくらんぼ
毎年の事ですが、
開花始めは今年こそ・・の決意も新たに、
少ない授粉樹の花粉を採取し、
加温・乾燥・精製の繰り返しを毎日の作業として、
朝晩の授粉作業に精を出しています。

でも1週間も同じ繰り返しを続けていますと、
流石にしんどい作業になってきます。

庭に出ますと良い香りが漂ってきます。
藤が咲き始めていました。
1fuji0416c1.jpg
この花美短藤をかわきりに長尺藤が5月の連休に向けて、
順次咲いていきます。

この藤の香りに誘われたのか、
今年初めてのマルハナバチがさくらんぼの花に来ていました。


今年初開花の「紅きらり」は1日に3,4輪ずつ咲くので、
花粉を採取して翌日の月山錦の人工授粉に使っています。
1benikira0416c1.jpg

暖地の宿命でしょうか、
一気に開花とはなりませんので花粉採取しながら
人工授粉が出来るのは良いのですが、
ダラダラ開花は、精神衛生上は良くないです。

ぱっと咲いて、ぱっと結実、ぱっと収穫・・
そんなさくらんぼ栽培を夢見ています。

さて、そんな我が家のさくらんぼ栽培ですが、
今日現在の開花状況です。

まだ一輪も咲いていない佐藤錦や紅きらり、紅さとうも有ります。
不思議なことにナポレオンも咲いていない木がありますので、
授粉は賄えそうですが・・。

さくらんぼ置き場の今日現在の開花状況です。
1outou0416c1.jpg



開花から1週間でここまで咲きました。
ほぼ五、六分先といったところです。
1gassan0416c1.jpg



迫ってみますと、こんな感じです。
1gassan0416c2.jpg



南陽に続いてほぼ満開になった「紅秀峰」です。
1benisyu0416c1.jpg



2本目の「正光錦」も開花が進んでいます。
1seiko0416c1.jpg



開花2年目の「紅さやか」は花付きが良好です。
1benisaya0416c1.jpg



多品種接ぎの1本ですが、5,6品種が開花中です。
1tahinsyu0416c1.jpg



期待の酸果桜桃はコルト台が相性が良さそうです。
暖地桜桃台より花に勢いを感じます。
1monmo0416c1.jpg
下の畑1,2の自根モンモレンシーより花芽着きが良好でした。


1年若いコルト台「モンモレンシー」ですが、
良い開花状態です。
1monmo0416c2.jpg
結実性は如何に・・?

今年は自家産酸果桜桃でジャム作りが出来ますでしょうか。
防鳥・防獣対策を考えませんと・・ね。

残り1週間で後半戦の授粉作業が続きます。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/347-e289ae1d