2014-04-12 16:13 | カテゴリ:アンズ
結論を急ぐと良い事は少ないのですが、
一寸嬉しくなってしまいまして、見切り発車の途中報告です。

ここ数年、
ほとんど収穫まで漕ぎ着けていないアンズの「ハーコット」です。
昨年は結局、収穫ゼロで終わりました。

何とかこのハーコットを成らせたくて、
授粉用に西洋アンズを2品種導入していました。

その1本は、ハーコットの横に地植えにした「ニコニコット」で、
2年目の今春はハーコットよりやや早めに開花し、
花粉を採取してハーコットの開花に備えました。

まだ、小木で花数も少ないニコニコットでしたが、
結実性も良好でした。
1nikonikoto0412c1.jpg
樹冠部高さが50センチ程度ですが、結実性の良い西洋アンズです。

この花粉に期待しました。

先ずはそのハーコットを見てください。
1harcot0412c2.jpg
まだ生理落果時期も終わっていないのに、
気の早い経過報告ですが、
経験的に落下するサイズは脳裏にしっかり焼き付いています。


恐らく最終的には半分以下の数になると思いますが、
それでも何十個の単位です。
1harcot0412c3.jpg



昨年も大豆大の結実は認められましたが、全て落下しました。
今年の結実は一寸違います。
1harcot0412c4.jpg
それなりに残りそうな形に膨らんでいるようです。

1枚目のニコニコットの画像で、
右端に写っている小さな幼果は触ると落ちると思います。
でも、楕円に膨らんだ幼果は触った位では落ちません。

ハーコットも現在のニコニコット・サイズになれば、
一安心でしょう。

これで、今後もハーコットを眺めるのが楽しみになりました。
無事に生理落果をやり過ごせますように・・。



さて、今日の桜桃樹の話題は・・?

月山錦の一番花が下の畑1のNo.2でした。
ピンポイント授粉をやっておきました。
1gassan0412c1.jpg
ツールはS.F.Takaさんから頂いた歯科用筆積みブラシでしょうか。
少ない花粉を無駄なく使うにはこんな武器も必要になります。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/345-c41697b7