2014-03-25 15:55 | カテゴリ:
サクラの開花宣言など春めいた話題が多くなりました。
落葉果樹も芽動きの遅いリンゴでも新芽が伸び出しています。

今日は、接ぎ木の中では遅めに実施予定だった
柿の接ぎ木を少し実施しました。

特に台木を用意していたわけでもないので、
高接ぎや自然実生苗や蘖を有効利用しました。

上の畑内には何年か前に実生で得た「老爺柿」苗が、
6号ポットで十数本残っていました。
台木特性としてはお奨め出来るものでは無いですが、
急場しのぎには使えるでしょう。
1rouyadai0325c1.jpg



この実生台は、昨年の残りで細くて残しましたがまだか細い台です。
上の畑内には2本の露地植え「太秋」があり、
この太秋は結実不良で多品種接ぎ木に仮しています。
1hanagosyo0325c1.jpg



下の畑1には古木の次郎が有り、
数種の高接ぎ枝も残っていますが、
今年も追加しました。
畑内でこぼれ種から発生した実生苗です。
2年生で太めの台木です。
1isaha_Jka0325c1.jpg



次郎の蘖が株元から2mくらいのところに2本発生していましたので、
意識的に残していました。
実付き良好な方の「太秋」穂木を居接ぎしました。
1taisyu0325c1.jpg 
今年導入した柿苗の切り詰め穂を有効に利用して、
高接ぎや居接ぎで残す魂胆です。


そんな作業中に気付いたのですが、
上の畑内の大鉢桃の2本が開花し出していました。
1akatuki0325c1.jpg



昨年、縮閥した「なつっこ」も少々の蕾が着いています。
1natukko0325c1.jpg



下の畑2では「西王母」が一番手で開花していました。
どこも大差なく桃は開花していきそうです。
厳冬から一変した、急激な暖かさが刺激になっているのかも・・。
1seiobo0325c1.jpg



昨年は手抜きしていたコガネ対策の防虫ネットを復活させました。
コガネ幼虫被害は侮れません。
1boutyu032c1.jpg

強風が吹いていますが、20度近い気温で暖かいです。
あすは、雨天予報で一息でしょうか。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/332-fabc7183