2014-03-12 14:55 | カテゴリ:柑橘類
春先の柑橘系に接ぎ木は時期的に良さそうですが、
元々柑橘類の栽培には手を出していなかったのが災いし、
いざという時に台木がありません。

1本大木があれば色々高接ぎを楽しめるでしょうが、
他の落葉果樹と異なり柑橘だけは歴史がありません。

精々25リットル鉢栽培していたレモンを地植えにした木と、
金柑くらいしかありません。

下の畑2には地植えしたレモンと2年前に頂戴した挿し木レモンの2本です。
挿し木レモン苗には2カ所ほど高接ぎしてみました。
1tugiki0312c2.jpg




1tugiki0312c4.jpg



上記2本のレモンに高接ぎした柑橘穂木3本のアップです。
1tugiki0312c1.jpg



同じものを上の畑内の金柑にも高接ぎしておきました。
何だかんだでこの金柑には4品種の柑橘が高接ぎ・活着しています。
1tugiki0312c3.jpg
柑橘系の台木作りに注力しなければ行きません。
しかし、良い台木がありません。

金柑に高接ぎしながら上の畑内の西洋アンズを見ますと、
ゴールドコットが開花直前でした。
1Gcot0312c1.jpg



「ハーコット」はやや遅れ気味ながら膨らみだしていました。
1harcot0312c1.jpg



ハーコットの直ぐ横に植え付けた「ニコニコット」の方が先に開花しそうです。
授粉樹が先行して開花は花粉確保には好都合でしょう。
1nikonikot0312c1.jpg

今年のハーコット結実状況は如何に?
そろそろ結果を伴いたい授粉樹考察です。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/324-40c7c51e