2014-02-12 16:09 | カテゴリ:
ここ2,3日、ハッキリしない天気が続いています。
予報では晴れの一日ですが、薄曇りの冬空って感じです。

昨日は春ジャガの植え付けで、
種イモを半分にしたら切り口を上にして、
土中に埋まらないよう少しだけウネに押し込み、
覆土はしない。
イモの切り口が見えているウネに
そのまま黒マルチを張りました。


芽が出てマルチが膨らんできたら、
破って芽を出してやります。

後は収穫時の5月頃まで、土寄せ無しの放置です。



今日は、久しぶりに下の畑1の様子見に出掛けました。
昨年の居接ぎ桜桃苗に名札を持参して取り付けました。
①居接ぎ年、②桜桃品種名、③台木品種を1枚に
桜桃用に変更してみました。

事例サンプル
nafuda3.jpg
接ぎ木年や台木品種を残しておくと、
後々の仕分けがし易くなります。


さて、下の畑1の洋ナシですが、今年辺りから収穫株として、
一人前の成りを見せて欲しいところです。

遅ればせながら、授粉樹の高接ぎもやっています。
1carfor0212c1.jpg
昨年も開花は十分でしたので今年も期待出来るでしょう。


今年がオーロラの初開花になりそうです。
1orola0212c1.jpg
ガッチリとした花芽に見えます。


ゼネラル・レクラークも初花が見られる・・と期待しています。
1zeneral0212c1.jpg


そんな下の畑1で、授粉樹として活躍が期待されるのが、
現状ではこの「八雲」だけです。

花芽は確認出来ましたから、開花が揃うことがポイントです。
本場では洋ナシの授粉に有効な八雲のようです。
1yakumo0212c1.jpg



この畑の「N梨」は垣根仕立てでコンパクト樹形を維持しています。
花芽付きも良好です。
1nikori0212c1.jpg
開花時には、上の畑から「豊水」の花粉の持ち込みも選択枝に入っています。


畑の梅の蕾も綻び出しています。
今年も蕾が沢山付いた「露茜」も丸く膨らみが増してきました。
1tuyuakane0212c1.jpg

まだ、冬枯れの畑ですが、
後、2,3週間位で彩りが始まるかも知れません。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/307-05c25178