2014-01-31 17:17 | カテゴリ:ブルーベリー
午前中は下の畑1で鋼管竿の片付けをしていましたら、
”しおさんですか?”と女性の呼ぶ声が・・・。
見上げますと、最近ブログコメントにデビューした市内在住のalさんでした。

ホームページの地図を頼りに来られたようです。
アルプス乙女の苗を入手されたようで、
どの様に仕立てたら良いのか・・などを知りたいとのことで、
訪問されたようです。

娘さんの嫁ぎ先であった富士市には、
あの東北地震後に宮城県から移って来られたとのことでした。

畑1の桃やスモモの剪定を見ながら、
とてもこんなに切れません・・とコンパクト樹形に驚かれた様子でした。
でも、ご自身が目指す狭い場所でのコンパクト樹形には参考になったようです。

また、お邪魔させてください・・と言うことで、
宮城県ナンバーのプリウスで帰宅されました。


午後から、再び下の畑1に出掛けました。

ブルーベリー圃場も一回り木が生長したようで、
花芽の膨らみも順調そうで、昨年より増収が期待出来そうです。

まだ、無剪定に近い状態ですが、
今年の落葉時期には少し剪定しても良いかも知れません。
1brigit0131c1.jpg



例年より、花芽の膨らみが大きいように思います。
1brigit0131c2.jpg



樹高が1m以上になってきました。
1garufu0131c1.jpg



自作接ぎ木苗の「スパルタン」ももう一伸び欲しいところです。
1spartan0131c1.jpg



花芽付きは良好です。
1bluerig0131c1.jpg



花芽は良く着いていますが、まだ樹勢が勢い付いていません。
1fukubery0131c1.jpg



庭で30年間育てていたラビットアイ御三家を分割移植してから4年目、
漸く根付いた様で花芽の膨らみも良い感じです。
1thifu0131c1.jpg



同じく「ウッダード」の花芽も大きい感じがします。
1wedard0131c1.jpg



株元には藁や剪定枝破砕チップを入れてフカフカ土壌を維持しています。
ある果樹栽培仲閒さんがBBにも石灰(貝化石石灰)を与えると良いですよ・・と、
試しに散布してみましたら・・意外と良さそうです。
酸性土壌に拘りすぎて、肥料要素の偏りをきたすのはもっと良くないのかも知れません。
1BB0131c1.jpg
あくまでも、自己責任での肥料管理です。


下の畑1の桜桃専用授粉樹は時々登場しています。
今日、木を見ていますとまだ接げそうな枝が数本残っています。

授粉に使えそうな桜桃品種を畑内で見回しますと、
着色ナポレオン、絢のひとみ、豊錦にステラの穂木が確保出来ます。

今年最初の桜桃居接ぎです。

現状では、さがえ・紅福・紅きらり・レッドグローリー・紅香・盛夏錦の6品種です。
1jyufunouto0131c1.jpg



緑字の品種が今日追加した桜桃品種です。
1jyufunouto0131c2.jpg



桜桃授粉専用樹の枝配置の見取り図的画像です。
1jyufunouto0131c3.jpg



北側から樹全体を見ています。
1jyufunouto0131c4.jpg
1,2年ここで養成してから、
庭のさくらんぼ置き場に運ぼうかと考えていますが・・。

本格的な桜桃類の居接ぎは3月に入ってからの予定です。
ううっ!手が疼く・・。

::








スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/301-44b65c8d