2014-01-28 18:04 | カテゴリ:
下の畑2には昨年の居接ぎ苗が行き場もなく残っています。
そんな状況下ですので今年の梨類居接ぎはチョッピリです。

欠かせない高接ぎとして下の畑1の洋梨類に授粉樹を接ぐ必要性です。
昨年は同じ場所に「豊水」を植えていたので安心していましたら、
開花直前で枯れてしまいました。

授粉樹無しでは流石に結実不良でした。

そんな苦い経験から高接ぎや予備授粉樹の確保が課題でした。
1zenera0128c1.jpg
「豊水」を懐付近に高接ぎしました。


オーロラには豊水と洋ナシ類の授粉に良いとされる
「八雲」も高接ぎしました。
1orora0128c1.jpg



カルフォルニアにも豊水を接いでおきました。
1carfor0128c1.jpg
今年の開花時期には間に合いませんが、
近くに2年生の「八雲」が花芽を付けています。
開花時期が合ってくれますと大きな戦力です。


一応、「豊水」苗も用意しておきます。
1hosui0128c1.jpg
この台木は2,3年前から梨の圃場にしていた場所に残った豆梨苗です。


結構育った台もありますので少し遊んでみました。
1nikori0128c1.jpg



桜桃のように授粉専用樹なるものを作ってみました。
1D_H_S0128c1.jpg



カルフォルニアが本来の赤い実をつけないことから、
それに代わる品種として期待の「スタークリムソンペアー」です。
1starcrim0128c1.jpg



昨年の挿し木圃場の一角にマメナシ台も挿していました。
有効利用ということで居接ぎしています。
1mamedai0128c1.jpg



仕上げに、保湿袋を掛けて作業は終了です。
1itugi0128c1.jpg



昨日のことですが、キウイ台木の挿し木圃場を確保するため、
余剰青葉台苗を処分していました。
今日見ますと、既に干涸らびています。
1aoba0128c2.jpg

ブログを見て下さった方から、
有効利用のお申し出です。


自分が必要な台木は既に下の畑2に移植していますので、
ここに残る桜桃台木の半分以上は余剰苗となります。

元気な青葉台が3月頃に旅立ちます。
1aoba0128c1.jpg



こちらのコルト台も彼の地で有効利用されることでしょう。
1cort0128c1.jpg

この挿し木圃場もこの台木が最後の苗となります。
堀上げ後は桜桃苗でも植えてみようかと思案中です。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/299-a89becdb