2014-01-21 15:18 | カテゴリ:キウイ
朝一番で下の畑2へキウイの穂木確保に出掛けました。
行ってビックリ、
一昨日の強風でキウイ棚下の防草シートがほとんど剥がされていました。
後日、張り直し予定です。

採取した穂木を持って、下の畑1へ居接ぎ作業に出掛けました。
昨年は台木の挿し木を怠っていましたので、
残り台木は少なく10カ所程度の居接ぎで終わりました。

キウイの水揚げは早いので、
毎年その前に接ぎ木をしています。


今年のメインは「アップルキウイ」です。
台木はキウイ棚下で自然発生的に堀上げ苗の残り根から派生したキウイ苗です。
1APL0121c1.jpg
実付きが良い割に樹勢が弱いのでバックアップが必須です。


キウイの居接ぎには敢えて保湿袋を掛けません。
早い芽動きは遅霜被害で枯らす危険性が高いので、
ゆっくり時間を稼いで貰います。
1APL0121c2.jpg



「ゴールドエンペラー」もしばらくバックアップを作っていませんでした。
1Gemp0121c1.jpg



その他には、「紅妃」のバックアップも・・。
1kou_Gem0121c1.jpg



紅芯系の「紅美人」と「紅妃」で計10カ所の接ぎ木でした。
1kure_kou0121c1.jpg



下の畑1の果樹で芽動きの早いのが、
このカリンと梅類でしょうか。
既にその兆候が窺われる「カリン」です。
1karin0121c1.jpg



梅の「南高」の蕾も膨らみを増してきたような・・。
1nankou0121c1.jpg

この時期の楽しみは、
こんな接ぎ木作業となります。

場所的に、数を減らさざるを得ないのが寂しいところです。

::


 

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/295-442ca307