2014-01-17 17:13 | カテゴリ:さくらんぼ
下の畑1のキウイ棚下は桜桃苗の養成には貴重な圃場でしたが、
キウイ苗が成長してきましたので昨年の居接ぎが最後でした。
圃場には2012年の居接ぎ苗も残っていまして、
昨年の居接ぎ苗と合わせて12本ほど掘り上げました。

それでも、圃場には10本以上の居接ぎ苗などが残ります。
1hojyou0117c1.jpg



掘り上げた桜桃苗の3本は鉢植えで栽培してみますが、
他の1本はこの畑に移植し、残り8本は下の畑2へ運んで植え付けます。
1horiage0117c1.jpg



その1本とは、SFTさんがお奨めの「寿錦」です。
月山錦より実付きが良くて味も良いとの評価です。
1iwai0117c1.jpg
2012年の居接ぎ苗です。


下の畑1には、キウイ棚下以外に小さな圃場がありまして、
暖地桜桃台に居接ぎの桜桃苗群が残っています。

今年1月5日以降、カメラをFinePixS8200に変えたんですが、
赤(暖色系がとんでいます)味が抜けて白っぽい画像です。
1dantidai0117c1.jpg
何だかんだで一眼レフにはかなわないのでしょうか。

見難い画像ですが、低い位置から枝が密生しているのがおわかりでしょうか。
これが暖地桜桃台の特徴かも知れません。

昼食後、下の畑2に苗を運んで速効で植え付けてきました。
もう、限界です。

「さがえ」と「サミット」。
1saga_sam0117c1.jpg



「60年生佐藤錦」と「高陽錦」。
1sa60_kou0117c1.jpg



「寿錦」と「芳玉」。
1iwain_hou0117c1.jpg



「エコ佐藤錦」と「小夏」の計8本。
1eco_kona0117c1.jpg



もう、さくらんぼ置き場の本数は増えない予定でしたが、
鉢栽培したい品種があったので持ち帰りました。
このさくらんぼ置き場には今年、露地に戻したサミットが1本ありますが、
樹勢が今一な感じでしたので、鉢植えで代替えを狙います。
1samito0117c1.jpg
昼食前に培養土のブレンドを済ませていましたので、
植え付けは短時間で終了しました。


昨年の居接ぎ苗ながら花芽着きが良さそうな「エコ佐藤錦」でしたので、
庭先で楽しんでみます。
1eco0117c1.jpg



最後は、やはりこの1本と言うことで「寿錦」で締めましょう。
1iwainisiki0117c1.jpg
25リットルポットが十数鉢空いていましたので、
ついつい植え付けたくなってしまいます。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/292-5dd926dc