2013-12-20 17:19 | カテゴリ:桜桃台木
各種桜桃台木の新梢を来春の挿し木用に採穂しました。

下の畑1で養成していたコルト台に接ぎ木したダーレンや
コルト-Xなどの挿し木用穂木採取です。

採穂出来そうなダーレンを見回しますと結構な量が確保出来そうです。

先ずは、コルト台に居接ぎしたダーレンの穂木です。
太さや長さもまずまずでした。
気根部の発根促進は20cmほど残して、
そのまま春先の居接ぎに使う予定です。
1daren1220c1.jpg



今春挿し木した苗からも採穂して、
苗はそのまま春先の台木として活かします。
1daren1220c2.jpg



購入ダーレン株や挿し苗も新梢を伸ばしていましたので、
採穂します。
1daren1220c3.jpg
これらの苗は台木としても流用可能株です。


採取したダーレン穂木ですが、
十分な数が確保出来ました。
鉛筆より細い枝と太い枝を区分けしています。
1daren1220c4.jpg



採穂後のダーレン接ぎ木の残り枝は、
台木として来春の居接ぎに使います。
1daren1220c5.jpg
5,6月頃には新苗が分離出来るでしょう。


ダーレンと同様にコルト台に居接ぎした「コルト-X」も、
枝の太さは鉛筆程度ですが挿し穂として問題ないでしょう。
1cort_x1220c1.jpg



新梢を採取した元株はそのまま残し、
来期も新梢を採取出来ればと・・。
1cort_x1220c2.jpg



既に、桜桃台木の一部は下の畑2の圃場に移植していますが、
残り挿し木苗も少なくありません。

青葉台挿し木苗はたっぷりと残っています。
1aoba1220c1.jpg




暖地桜桃台も結構な数が残っています。
ここから少々穂木を確保しました。
1danti1220c1.jpg



まだ紅葉した葉が沢山残るコルト挿し木苗です。
コルトも少々採穂しました。
1cort1220c1.jpg



25~30cm程度に切りそろえた挿し穂です。
挿し木の難易度が高いダーレン穂木は多めに確保しました。
1hogi1220c1.jpg



土中保存は何度か失敗していますが、
同系統の樹種ごとに分けていまして、
来春の接ぎ木や挿し木時期までアンタッチャブルに徹します。
1hozon1220c2.jpg

何だかんだと言いましても、
穂木保存を失敗しても何とかなるように保険苗を残しているのが、
最大のポイントでしょう。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/277-72939d42