2013-12-05 15:10 | カテゴリ:
今日もうららかな陽気でして、
連日の移植作業から一息入れる感じで、
野菜畑で一仕事したり、柿の最終果を収穫したり・・。

桜桃の落葉も続いていますが、3本の鉢植え酸果桜桃は、
その葉の色付きが三者三様でカメラに納めてみました。

コルト台のシンボルツリー「モンモレンシー」は、
落葉しだしていますが緑の葉も残ります。
1sankaouto1205c1.jpg



一方、コルト台で有りながらこの「モンモレンシー」は、
全体が黄色く色着いています。
1sankaouto1205c2.jpg




暖地桜桃台の「モンモレンシー」はその中間的な色付きです。
1sankaouto1205c3.jpg
台木特性でしょうか、横に広がっています。

甘果桜桃の紅葉よりやや遅れ気味の紅葉です。



さて、今日は下の畑1,2に出かけることはなく、
野菜畑で里芋の収穫跡を耕耘したり、
ナス・キュウリ跡を耕耘して大根やキャベツなどの種まきをしました。

現在の野菜畑では、キャベツや大根、ほうれん草などが収穫でき、
次期野菜としてブロッコリー、ミニ白菜、ニンジンなどが成育中です。
1yasai1205c1.jpg
”現代農業”記事やT&Fさんのブログでおなじみの、
ジャガイモのマルチ栽培を試しにやっています。

作付時期がやや遅れてしまった嫌いはありますが、
土寄せ無しで掘り起こしも必要ない栽培法です。
収穫は黒マルチを剥がしてイモを拾い集めるだけ・・の様です。

自然薯の種芋は下の畑2の隣で野菜を作っている電気屋さんに
頂いたものですが、非常に粘りけの強い自然薯で美味しいです。


「正月菜」はお正月の雑煮に入れる葉物野菜のようで、
試しに種を蒔いてみました。

玉ねぎは3種ほど育成中です。
マルチが余ったので、ほうれん草とニンジンを蒔いています。
1yasai1205c2.jpg
今日の種まきは、大根・白カブ・甘藍の3種を播種しています。

ミニ白菜はもう少しで収穫できそうで、
この時期の鍋物には欠かせない野菜です。

野菜畑での作業も一段落したので、
上の畑内に残る黒柿とその高接ぎ枝の「いさはや」の1果を収穫しました。

黒柿はもう少し置いた方が良さそうですが、
落葉が進んでいたので収穫となりました。
1kurogaki1205c1.jpg
もう少し黒くなって、触った感じで柔らかい柿が完熟果です。
まだ渋味が残っていそうですので、しばらく放置しておきます。



例年ですと、鈴なり故に小玉の黒柿ですが、
今年の実は重量感があります。
1kurogaki1205c3.jpg




例年の倍近い果重だと思います。
1kurogaki1205c2.jpg




今年で3年目の収穫ですが相変わらず小玉な「いさはや」です。
富有の形質を引いているので形がよく似ています。
先祖返りでしょうか。
1isahaya1205c2.jpg




富有柿として見れば普通かやや小振りと言った感じです。
1isahaya1205c1.jpg




先日、TVで柿にわさびを挟んで天ぷらに調理していました。
なんだか食べてみたい心境です。
1kaki1205c1.jpg

果実もなくなり、葉も落ちてしまいますと、
寂しい冬枯れの景色になっていきます。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/269-b60f6a4a