2013-12-04 17:09 | カテゴリ:さくらんぼ
今日も午前中は昨日掘り上げた単核類苗の植え付けです。
さすがに下の畑2も手狭になってきました。

桃(大寿蜜桃、あかつきネオ、美月、桃夭、桃紅、桃水、野沢白桃、
あぶくま、夢あさま)と
スモモ(サマーエンジェル、サマービュート、アルプス王子、
ニューハニーあやか、恋花火、スイートカレン、バイオチェリー)、
プルーン(フロリナ)、梅(紅梅)などでした。

結局、余剰苗が桃、プルーン、スモモで6本ほど出ました。
下の畑2の隣で野菜作りを楽しむ電気工事屋さんがいまして、
時々、交流していまして「フロリナ」を育ててみたい・・
と言っていたのを覚えていました。

丁度、畑に来ていましたので余剰苗を持っていきますと、
なんと、今まで野菜畑だったところに桃苗が・・・。

電気屋さんが言うには、私を真似て果樹を植えたくなり・・
何を購入しようか思案中とのこと。
グットタイミングだったようで、苗を大変喜んでもらえました。


さて、今日は下の畑1に残る桜桃居接ぎ苗の確認作業です。

下の畑2に植え付ける予定で居接ぎした苗類ですが、
午前中に下の畑2で必要植栽本数を確認したところ
10~12本(ほぼ10本でよさそう)でした。

今春、青葉台に居接ぎした苗ですが1.5m前後の棒苗です。
11本有りまして、おばこ錦、グレート北光③、サミット、60年生佐藤錦②
25年生佐藤錦②、超豊産佐藤錦、開花早豊産佐藤錦の内訳です。
1aoba1204c1.jpg




グレート北光の3本は1本で十分でした。
堀上げ間近の株元の様子です。
1aoba1204c2.jpg




我が家では常連のコルト台の居接ぎ苗たちで、
昨年の居接ぎ苗も混じったり、ダーレン台木用接ぎ木も混じっています。1C1nen1204c1.jpg
ここでも60年生佐藤錦②、超豊産佐藤錦、芳玉などが確保できます。


昨年、使いそびれた鉢植えコルト台にも今春居接ぎしていました。
品種名は示した通りで樹高も鋼管竿の1.5mと同程度です。
1cort1204c1.jpg

結局、佐藤錦系統だけでも12本が確保出来そうです。


こちらの暖地桜桃台は試験的に矮性台木の可能性を調べるために
色々な品種を居接ぎしたものです。
1danti1204c1.jpg




中にはすんなり棒苗になった桜桃も見られますが、
コンパクトに短い枝を出した品種も見られました。
1danti1204c2.jpg
今年はこのままこの圃場に残し、来年の鉢上げなどを予定しています。

矮性もしくは花芽着きの良い台木・・傾向が見られますと
有り難いことですが、もう少し観察が必要です。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/268-617370e4