2013-11-16 18:48 | カテゴリ:
冬富士がクッキリと見えました。
1fuji1116c1.jpg
快晴の朝です。


多品種の和梨や洋ナシを狭小畑地で栽培するには・・。
苦肉の策が垣根仕立て栽培です。

東西に支柱を渡して、2列の枝受けを設置し、
隣り合う異品種梨の枝を誘引しました。

今日は今年延びた徒長枝を誘因や間引き剪定を行いました。

今年は一部の品種で開花も見られましたが結実は皆無でした。
1nasi1116c2.jpg
廃材利用で垣根を形成しています。


和梨の「愛宕」です。
当初、連結を考えていましたが、
無理に結合しなくても少量多品種栽培なら問題無さそうです。
1atago1116c1.jpg



上の畑内での多品種高接ぎ枝に1果生りましたが、
従来品より大玉でした。
1Gfura1116c1.jpg



元木は下の畑1の露地植えで枯らしています。
この垣根で復活です。
1Jnita1116c1.jpg



N梨も2,3本混じっています。
1Nnasi1116c1.jpg



樹勢は旺盛の様で左右に枝を誘引しています。
1Nnasi1116c2.jpg
よく見ますと短果枝が複数着いていました。

下の畑1のN梨もT字型に仕立てて1本垣根仕立てです。
短果枝が確認できました。
1N1nasi1116c1.jpg


この上の畑1には洋ナシ類が3品種独立で植えてありますが、
授粉樹の豊水が枯れてしまい、「八雲」の開花時期が合えば授粉できそうです。
来春は開花が期待できそうです。
1ya1kumo1116c3.jpg
開花時期が揃ってくれます様に・・。
下の畑1の洋ナシには来春、豊水を高接ぎ予定です。


下の畑2にも「八雲」が順調に生育していました。
1yakumo1116c1.jpg



来年の花芽も着いています。
1yakumo1116c2.jpg



洋ナシの「シルバーベル」も含まれています。
1sirber1116c1.jpg
今日は出来ませんでしたが、
今春の接ぎ苗で「豊水」や「あきづき」などを2列目の垣根に追加予定です。


和梨ながら中国梨に近い食感の「王秋」です。
1osyu1116c1.jpg



和梨の「築水」です。
1tikusui1116c1.jpg



定番の「幸水」と「ゴールド二十世紀」です。
1kos_seiki1116c1.jpg



和梨の「豊華:ゆたか」です。
「紅梨(ほんりー)」×「豊水」を交配育成した赤梨種。
1yutaka1116c1.jpg
平均果重650g以上と大きい。


下の畑2も大分混み合ってきました。
ここもコンパクト樹形が基本と言うことです。
1hatake1116c1.jpg

来春辺りには果樹園らしい開花や結実が見られるかも知れません。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/256-f207b06f