2013-10-27 16:00 | カテゴリ:桜桃台木
雨台風で助かりました。
これで終わりかと思えば、既に熱帯低気圧の発生中!
勘弁して欲しいところです。

残り果の落下もなく無事にやり過ごせた27号台風でした。

午後から、下の畑1に出向いて散策です。
ふと、今春居接ぎのコルト台木の根元を見ますと、
異様な瘤が見られます。

青葉台では庭先の鉢植え桜桃でも見たことがありましたが、
コルト台木の根頭癌腫病と思われる瘤は初めて見つけました。
1gansyu1027c1.jpg
握り拳程度の瘤です。



ノコギリとハサミで簡単に切除できました。
1gansyu1027c2.jpg




瘤から発根していました。
1gansyu1027c3.jpg




感染も土壌細菌でしょうが、治癒も自然の土壌にお任せです。
埋め戻してオペ終了です。
1gansyu1027c4.jpg




先日、ダーレン台の気根を取り上げましたが、
今日は「コルト-X」を観察してきました。

ダーレン穂木と同じようにコルト台に居接ぎしています。
しかし、新梢の太りや伸びはダーレンの半分と言った感じです。
1cort_x1027c1.jpg
矮性っぽい台木の様です。



ダーレンの接ぎ木で見られた気根は皆無でした。
1cort_x1027c2.jpg
来春の挿し木における発根率が注目されます。



キウイ棚に寄り添う「一才サルナシ」の実が、
柔らかく透明感を帯びてきました。
摘まんでみますと甘い!
1sarunasi1027c1.jpg




2,3年、味見できずに落下していましたが、
初味見が出来ました。
1sarunasi1027c2.jpg
緑のままですが完熟果のようです。

まあ!一度味見できれば・・


::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/242-f1415839