2013-10-04 17:23 | カテゴリ:
そろそろ通常モードに戻ろうかと思っていますが、
怠け癖がすっかり染み込んでしまいました。

今度は私のリハビリ期間が必要なところです。

ぼちぼちと慣らし運転です。

上の畑内にある、多品種高接ぎ梨の少ない結実ですが、
晩生種の除袋をしました。

今年の「王秋」は1果しか成らず、
2,3日前に落下していました。
1ousyu1004c1.jpg
形は何時もの楕円の梨です。

今日まで晩生和梨やラ・フランスなどの洋ナシに
保護袋を掛けてありましたが全て除袋しました。

4,5果残っていた「N梨」も除袋しました。
本来の大玉にはほど遠い玉サイズですが、
外皮は綺麗です。
1N1004c2.jpg




もう少し頑張って肥大して欲しいところです。
1N1004c1.jpg




今年初生りの「新星」は小玉でした。
10月上旬が収穫時期のようです。
1sinsei1004c1.jpg




本来の大玉にはまだまだです。
1,2kgにもなるらしい大玉梨ですが・・。
1atago1004c1.jpg




比較的大きめな「ラ・フランス」は、
樹上完熟を期して追熟操作を省いてみます。
1france1004c1.jpg




今年初生りの「ゴールド ラ・フランス」は、
外皮がツルツルとして綺麗です。
1Gfrance1004c1.jpg




中国梨の「ヤーリー」はツーリーより小玉です。
形はよく似た感じです。
1yary1004c1.jpg




「ツーリー」は外皮がやや黄色く成り出してきました。
1tury1004c1.jpg




今日までツーリーかと思っていた画像下部の1果、
枝を辿ってみますと「シルバーベル」の接ぎ木でした。
1tury1004c2.jpg





玉サイズもツーリーより一回り大玉で、
形も不正な洋ナシです。
1siruberbell1004c1.jpg
味はラ・フランスに負けないらしい。

洋ナシの追熟は難しく失敗続きなので
樹上完熟を目指しています。

保冷設備がないと難しい追熟です。


::
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/228-4fcfa334