2013-09-23 15:01 | カテゴリ:
上の畑内のキウイや多品種接ぎ梨の枝伸長が激しく、
防鳥ネットを突き抜けて青空を目指していました。

流石に見かねて枝払いを決行しました。

小さな棚に多品種のキウイ苗を這わせた棚上は鬱蒼と茂り、
棚下は暗く光が差しません。立ち上がり枝や絡み枝を整理しました。

多品種接ぎ梨も同様に茂っていまして、
樹幹内部は暗く陽が入りませんでした。

太枝はノコギリで切り落とし、
立ち枝を整理し樹幹内部にも陽が射し込むようにしました。1nasi0923c2.jpg
晩生和梨や洋ナシ類が残っています。



中国梨の「ツーリー」も多数残っています。
1nasi0923c3.jpg


選定作業中に各種梨を落下させてしまいました。


樹冠部の太枝をノコギリで切断中に震動で落下した
傷み果の「ラ・フランス」です。
1france0923c1.jpg
多少果肉が柔らかくなっていたので糖度を測ってみますと、
15.7度と甘く薫り高い梨でした。



10月末の収穫予定の大玉梨「N梨」も落下させてしまいました。
1nikori0923c1.jpg


恐らく「かおり」梨かと思いますが、
落下した実を回収しました。
1kaori092c1.jpg



10月一杯は樹上に残したかった「ツーリー」です。
1tury0923c1.jpg


本日、落下させた梨類です。
中国梨は流石に早すぎた感じですが外皮が黄色くなるまで置いてみます。
1nasi0923c1.jpg
梨は私の好物です。


::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/226-d0224444